『ローグ・ワン』興収第1位の大ヒットスタート!チームの絆に涙腺決壊

映画

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C)Lucasfilm 2016
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C)Lucasfilm 2016
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』 (C) Lucasfilm 2016
  • 「愛を知らない孤独な戦士」ジン・アーソ (フェリシティ・ジョーンズ)(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 「クールな反乱軍の情報将校」キャシアン・アンドー  (ディエゴ・ルナ)(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 「フォースを信じる武術マスター」チアルート・イムウェ  (ドニー・イェン)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
  • 「友情にあつき勇者」ベイズ・マルバス  (チアン・ウェン)(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
「スター・ウォーズ」最新作にして、伝説の原点『エピソード4/新たなる希望』の直前までを描いた『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。先週末12月16日(金)より公開された本作は、興行収入ランキングでは6億5,300万円に達し、第1位の大ヒットスタートとなったことが分かった。

昨年の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に続き、今年も「スター・ウォーズ」最新作が登場することで、大きな注目を集めていた本作。しかも、本作はシリーズ第1作目『エピソード4』のまさに直前までが描かれる、初の“アナザー・ストーリー”。反乱軍の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が、銀河全体を脅かす破壊兵器デス・スターの設計図を奪うミッションに挑む姿が描かれる。

公開当日12月16日(金)に日付が変わる0時00分から実施された最速興行のカウントダウンイベントも盛り上がりを見せた中、熱気にあふれたシリーズのファンはもちろん、20~30代の女性客や男女のカップルなどが全国の映画館に集結。また、『フォースの覚醒』以降に「スター・ウォーズ」の世界へ足を踏み入れた“新SW世代”といわれる中高生や、子ども連れのファミリーの姿もあり、まさに老若男女の幅広い層が来場した。

公開から18日(日)までの3日間で、早くも累計観客動員は58万人を突破し、累計興行収入9億2,062万円超え。土日2日間の週末興行ランキングでは累計観客動員は41万3,604人、興行収入は6億5,341万8,300円となり、興行収入1位という絶好調スタート。70億円を突破する勢いを見せている。

また、この週末には全世界54か国で公開。全米ではオープニング興収1億5500万ドルで首位を獲得したほか、世界累計興行収入は2億9,050万ドル、340億円を突破する見込みで、まさに“ローグ・ワン”現象が日本を筆頭に世界中を席巻している状況だ(BOX OFFICE MOJO調べ、1ドル= 117.28円で換算)。

さらに本作は、映画を観た観客の圧倒的な満足度も話題となっている。映画サイトやツイッターなどでは、すでに多くの感想が書き込まれており、「めちゃくちゃ面白かった。シリーズ最高傑作! 涙腺崩壊!」「今年観た中で間違いなしのナンバーワン!」「ラスト5分、ほんと鳥肌たった」など、絶賛のコメントが相次いでいる。

特に、これまでのシリーズとは一線を画すアナザー・ストーリーとしての世界観と完成度、娘ジン(フェリシティ・ジョーンズ)と父ゲイレン(マッツ・ミケルセン)との“家族の愛と喪失の物語”、さまざまな過去を持つ“ならず者”たちが集まり、希望をつなぐために戦った“侍”のような<ローグ・ワン>のメンバーに対し、“泣ける”という声が続出。中でも、『新たなる希望』へとつながっていくラスト10分間に、最大の感動と最高の興奮が待ち受けていると話題を呼んでいる。

各映画レビューでも軒並み高い評価を獲得。主要メディアの批評においても絶賛評が続いており、今後もさらなる勢いを増していくことになりそうだ。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top