木村拓哉、『無限の住人』杉咲花との“特別な関係性”とは?異例の対応に記者陣も感激

最新ニュース

『無限の住人』メイキングカット
  • 『無限の住人』メイキングカット
  • 『無限の住人』(C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
  • 杉咲花/『無限の住人』 (C)沙村広明/講談社 (C)2017映画「無限の住人」製作委員会
木村拓哉が、沙村広明の人気コミックを映画化する『無限の住人』で映画主演を果たした。木村さんが演じるのは、不老不死の肉体を持つ侍・万次。そして、万次と仇討ちの旅に出る少女・凜には若手実力派の筆頭、杉咲花が抜擢された。2016年1月、撮影中の京都を訪れ、木村さんと杉咲さんに話を聞いた。

主人公となる万次は、妹を眼前で殺され、仇討ちをした過去を持つ男。その際に謎の老婆から不老不死の肉体を与えられた、“無限の命”を生きる男だ。そんな万次が妹と生き写しの少女・凜と出会い、彼女の仇討ちに身を投じていく…。

撮影現場では、凜を守りながら剣士たちと激しい戦いを繰り広げる万次の姿が。木村さんは、独眼の万次を演じるために特殊メイクで右目を塞ぎ、冬の京都において、薄い着物に裸足で力強く戦場に立っていた。悲しいほどの強さと色気をまとった万次はまさにコミックから飛び出てきたようで、思わず息を飲む。

カリスマ的人気コミックの主人公とあって、木村さんは「原作の世界観というのは、原作を受け取っている方たちにとっては確立しているもの。それがひとつの正解ですよね。そこに僕らが、音もつけて、速度もつけて、原作には存在していない時間の流れを作っていく」と漫画原作に挑む難しさを明かし、「不安もあった」と正直な胸の内を吐露する。

その不安を払拭してくれたのは、クランクインに向けての三池監督の入念で繊細な心配りだ。「だいたい普通の行程でいくと、衣装合わせって1回で終わるんです」と木村さん。「『衣装合わせやります』と言われて行ったら、劇中で手にする武器がバババッと広げられたテーブルの向こうに、監督がいて。『手にとってみてください』と言われて、『はい』と。その後、着物を着るのかなと思ったら、着ないで終わり(笑)」。

2回目の衣装合わせには着物に手を通すことができたそうだが、さらに特殊メイク担当を交えてなど衣装合わせの回数を重ね、「結果、4回くらいやった」とのこと。木村さんは「その積み重ねによって、監督が『不安要素はもうないですね』というところまで持って行ってくれた」と三池監督に感謝しきり。武器や片目のメイク、着流しなど、一つ一つ実感として万次を体に染み込ませていった。

クランクイン後も、木村さんは三池監督の現場作りに惚れ込んでいた。木村さんは「拝見させていただいていた作品から伝わる勝手なイメージは、口も悪くて、レザーもののジャケットやブルゾンを着ていて、ちょっとゴツい指輪をしている感じ(笑)。そういう強いイメージがあったんですが、真逆の人でした」と楽しそうににっこり。

「何に対してもものすごく繊細」と分析するが、「監督の繊細さがまた違ったように感じられたのは、緊張感あふれる現場での言葉のチョイス」だそう。「現場自体が真剣勝負だし、その真剣さが膨張してパンクしそうになると、監督がわざとわざとガス抜きをするようなことを言ってくれるんです。冗談も言うし、関西の方だからツッコミも放ってくれる。僕もびっくりしました」。

一方の杉咲さんも、可憐な中にも強さと孤独を秘めた少女・凜を見事に作り上げていた。「凜の描いてあるページや、大事にしたいと思った表情を印刷したりした」と原作への敬意を胸に、撮影に臨んだと言う。「凜の背負っている過去を、どうやって自分のなかで大事にすることができるかすごく不安だった」と難役への不安もあったが、「万次さんと対面して演じさせていただいているので、“万次さんを信じる”ということを一番大事に演じています」とまっすぐな眼差しを見せる。

木村さんは「“死ねない”というメンタリティを持っていた男が、凜が自分を頼ってくれたことによって、初めて前向きになれた。凜と出会ったことで、万次は生きる目的を確実に得ている」と万次と凜の特別な関係性について語る。杉咲さんに「こうやったらやりやすいよ」とアクションのアドバイスをする場面も見受けられ、演じる彼らの間にも信頼感と笑顔があふれていた。原作同様の固い絆を育んだ様子だ。

記者に用意された2日間の取材日において、1日目の撮影後にインタビューに応じてくれた木村と杉咲さん。2日目は撮影現場の見学のみが予定されていたが、撮影のお昼休憩時に木村さんから「まだ話しますよ」との提案があり、急遽2度目のインタビューがスタートする一幕も! 万次の扮装のままでのインタビューという異例の対応で、「片目での撮影は大変ではないですか?」との質問に答えた木村さん。「自分本人として何かを考えたり、何かを打破しようとすると、それが全部キャラクターに対する必要のない負荷になってしまうので」と片目になることで、「より、万次になれる」とどこまでもストイックだ。

苦労は「飯をよくこぼすことくらいですかね」と記者陣を笑わせるなど、ストイックさとサービス精神が同居した姿にうなる。メリハリある現場作りが心地よく、「三池監督と木村拓哉のタッグは最強だ」と改めて感じた撮影現場だった。

『無限の住人』は2017年4月29日(土)全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top