大ヒット作が地上波初放送! 金曜ロードSHOW!『ベイマックス』今夜放送

最新ニュース

『ベイマックス』(C)Disney
  • 『ベイマックス』(C)Disney
  • 『ベイマックス』(C)Disney
  • 『ベイマックス』(C)Disney
  • 『ベイマックス』(C)Disney
2014年に公開され大ヒット、第87回アカデミー賞長編アニメーション部門を受賞したディズニー/ピクサーのCGアニメ映画『ベイマックス』が12月23日(金)今夜の「金曜ロードSHOW!」で地上波初放送される。

本作は『アナと雪の女王』に続いてディズニー・アニメーションがピクサーと送り出したCGアニメーション映画で日本では2014年12月20日に公開。これまでのディズニーが得意としたプリンセスものやファンタジーと一味違う新キャラクターの作品ながら、2015年正月興行No,1の成績となったのは記憶に新しい。

物語は日本とサンフランシスコからインスピレーションを得て構想された“サンフランソウキョウ”という架空都市が舞台。「若いころに日本のポップカルチャーの影響を受けた最初の世代」と自らを表現する監督のクリス・ウィリアムズが描く“サンフランソウキョウ”には日本語の看板や電柱、自動販売機なども数多く登場。その街並みにも注目してほしい。

主人公のヒロは14歳にしてロボット工学の天才。幼い頃に両親を亡くし大学生の兄・タダシと共に叔母のキャスに育てられた。違法なロボット・ファイトにその才能を費やしていたヒロだが、ある日タダシのお陰で夢に目覚め無限の可能性を持つ“マイクロボット”を開発。大学の研究発表会で注目を浴びタダシの恩師・キャラハン教授から大学への飛び級入学を許可される。しかしその夜、会場で謎の大爆発が起こりキャラハン教授を救おうとしたタダシが命を落とす。

最愛の兄を失ったヒロの前にタダシが開発したケアロボット・ベイマックスが現れ、ヒロは人の心の傷を癒す機能を持つベイマックスと行動を共にすることになる。ベイマックスに導かれて町はずれの倉庫へ行くとそこでは“マイクロボット”が大量に生産されていた。タダシの死には隠された謎があると感じたヒロは、癒し機能しか持たないベイマックスに戦闘能力をインストールして“マイクロボット”を操る敵と戦おうとする…というストーリー。

声の出演としてヒロに本城雄太郎、ベイマックスに川島得愛、フレッドに新田英人、ゴー・ゴーに浅野真澄、ワサビに武田幸史、ハニー・レモンに山根舞といった面々が名をつらねるほか、ヒロの兄・タダシを小泉孝太郎が、キャスおばさんを菅野美穂が、キャラハン教授を金田明夫が担当している。

金曜ロードSHOW!『ベイマックス』が12月23日(金)21時~日本テレビ系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top