アーノルド・シュワルツェネッガー、自分の体を見るのが大嫌い!?

最新ニュース

アーノルド・シュワルツェネッガー-(C)Getty Images
  • アーノルド・シュワルツェネッガー-(C)Getty Images
  • アーノルド・シュワルツェネッガー
  • アーノルド・シュワルツェネッガー-(C)Getty Images
  • アーノルド・シュワルツェネッガー - (C) Getty Images
アーノルド・シュワルツェネッガー(69)は鏡に映った自分を見ると吐き気がするそうだ。

1970年にはボディビルディングの世界最高峰とされるミスター・オリンピアの称号まで獲得しているシュワルツェネッガーだが、自分に対してとても厳しい目を持っているようで、現在はもちろん、最高の体型だった頃でさえも自分の見た目に自信がなかったそうだ。

「Cigar Aficionado」誌のインタビューでシュワルツェネッガーは「鏡を見ると吐き気がするんだ」「僕は常に自分に厳しい目を持っていたよ。最高の体型のときでもね」と話す。

7度もミスター・オリンピアの栄冠に輝きながらも、自分には何かが欠けていると思っていたそうで、「ミスター・オリンピアを次々に獲得したけど、鏡に映る自分を見て『なんでこんなダメなかたまりが優勝できたんだ?』って思ってたね。完璧だなんて思えなかった。常に何かが足りなかったんだ」と続けた。

そんなシュワルツェネッガーは間もなく70歳の大台を迎えるが、20年前と変わらない生活を送っているため、実感はないのだという。「年齢の実感はないね。20年前にやっていたことと全く同じことをやっているからさ」。

若い頃、厳しいエクササイズのスケジュールをこなしていたシュワルツェネッガーは、トレーニングはもちろんのこと、食事のメニューや大会のプログラムまで、自分で書き上げるのが得意だったそうだ。「書き上げると、自分の期待を裏切りたくなくなるんだ。だから毎日鏡を見て『分かってるか? 近づいて来てるんだ。書きつづったあんなセットやエクササイズ、食事制限をこなせないんじゃ、お前の顔なんかみたくないね』って言っていたもんさ」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top