『ラ・ラ・ランド』元々の主演コンビはエマ・ワトソン&マイルズ・テラー?

最新ニュース

マイルズ・テラー&エマ・ワトソン-(C)Getty Images
  • マイルズ・テラー&エマ・ワトソン-(C)Getty Images
  • ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン/第74回ゴールデン・グローブ賞-(C)Getty Images
  • エマ・ワトソン-(C)Getty Images
  • マイルズ・テラー-(C)Getty Images
ゴールデン・グローブ賞で歴代最多7部門受賞という素晴らしい結果を残したデミアン・チャゼル監督作の『ラ・ラ・ランド』

主演のライアン・ゴズリングとエマ・ストーンは『ラブ・アゲイン』『L.A.ギャング ストーリー』でも共演していたため息もぴったりで、『ラ・ラ・ランド』で主演男優賞・女優賞のW受賞となったが、実は当初の企画ではこのペアにはほかの2人の名前が挙がっていたそうだ。

チャゼル監督は「Uproxx」に、自身の監督作『セッション』に主演したマイルズ・テイラーと、エマはエマでも、エマ・ワトソンの起用を考えていたと明かしている。「キャスティングには6年ほどかかって、その間に2人を主演にと考えたこともあったんだけど、うまくいかなかった」とふり返り、「でも、『セッション』でマイルズとは撮影できたのが本当に楽しくて。だから『ラ・ラ・ランド』も一緒に撮影できたらいいなと思ってたんだ」と残念がった。

マイルズも「Esquire」誌のインタビューで、一時期『ラ・ラ・ランド』に関わっていたため、ジョナ・ヒルとの共演作『War Dogs』(原題)の役を危うく諦めることになりそうだったと語っている。“不採用”の原因はマイルズのギャラと、スケジュールの都合でピアニスト役を演じるための練習に充てる時間が取れなかったことだと報じられている。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top