ライアン・ゴズリング、13年ぶりの“ラ・ラ・来日”決定!

映画

『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • デイミアン・チャゼル/『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • 『ラ・ラ・ランド』 Photo credit:  EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND.  Photo courtesy of Lionsgate.(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
  • ライアン・ゴズリングとエマ・ストーン/第74回ゴールデン・グローブ賞-(C)Getty Images
先日開催された第74回ゴールデン・グローブ賞にて、作品賞(コメディ/ミュージカル部門)、監督賞をはじめ歴史的快挙となる最多の7部門を受賞したミュージカル・ラブストーリー『ラ・ラ・ランド』。このほど、本作で主演を務めたライアン・ゴズリングと監督のデイミアン・チャゼルの来日が決定! ライアンは『きみに読む物語』以来、実に13年ぶり、チャゼル監督は念願の初来日を果たすことになった。

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア(エマ・ストーン)は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて2人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから、2人はすれ違い始める――。

ゴールデン・グローブ賞ではコメディ/ミュージカル部門の作品賞、主演男優賞、主演女優賞ほか、監督賞、脚本賞、作曲賞、主題歌賞とノミネートされていた7部門を全制覇する快挙となった本作。また、ストーリーも楽曲も完全オリジナルで本作を作り上げた現在31歳のチャゼル監督は、1972年に『ゴッドファーザー』で受賞したフランシス・フォード・コッポラ監督(当時32歳)の記録を塗り替える歴代最年少での監督賞受賞となった。

1985年、アメリカ・ロードアイランド州生まれのチャゼル監督。2014年、『セッション』がサンダンス映画祭でグランプリと観客賞のW受賞を果たして、たちまち注目を浴び、アカデミー賞では作品賞や自身の脚色賞を含む5部門にノミネート。J・K・シモンズの助演男優賞を含む3部門で受賞し、日本を含む世界各国で大ヒットを記録した。初めて監督を手掛けた作品は、ハーバード大学在学中に制作したミュージカル映画『Guy and Madeline on a Park Bench』(’09)で、同作もメディアから高い評価を受け、「LAウィークリー」には「2010年のベストデビュー作」、「タイムアウトニューヨーク」からは「いとも簡単に、ここ数十年の中で最高の作品としてのし上がった」と絶賛。イライジャ・ウッド主演の『グランドピアノ~狙われた黒鍵~』の脚本や『10クローバーフィールド・レーン』の共同脚本でも知られる。今回はファン待望の初来日となる。

また、1980年、カナダ・オンタリオ州生まれのライアンは、子役から活躍していたが、『きみに読む物語』(’04)が世界的大ヒットとなり一躍人気を獲得。その後、『Half Nelson』(’06)でアカデミー賞に初ノミネートされ、続く『ラースと、その彼女』(’07)、『ブルーバレンタイン』(’10)、『スーパー・チューズデー ~正義を売った日~』(’11)でゴールデン・グローブ賞にノミネートされる。エマ・ストーンとは『ラブ・アゲイン』『L.A.ギャングストーリー』で過去に2度共演。今年は『ナイスガイズ!』や『ブレードランナー2049』ほか、テレンス・マリック監督の『Song to Song』(原題)も控えている。

アカデミー賞に最も近いといわれる本作。2人が日本で何を語ってくれるのか、また1月24日(火)に発表されるアカデミー賞ノミネートの行方にも引き続き注目していて。

『ラ・ラ・ランド』は2月24日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top