ビートたけし、 「破獄」ドラマ化で主演に!「少し緊張している」

最新ニュース

「破獄」(C)テレビ東京
  • 「破獄」(C)テレビ東京
  • 「破獄」(C)テレビ東京
テレビ東京では今年、ドラマ特別企画として吉村昭の不朽の名作「破獄」をドラマ化することが決定。主演にはテレビ東京ドラマ初出演となるビートたけしを迎えることも分かった。

昭和17年。東京・小菅刑務所の看守部長・浦田進(ビートたけし)の耳に、秋田で無期懲役囚が脱獄したとの情報が入る。脱獄した無期懲役囚は、かつて小菅刑務所にいて、情に厚い浦田だけには従順だったが、青森刑務所でも脱獄した経歴を持つ危険人物、佐久間清太郎だった。ところが3か月後、佐久間は浦田の家に突然訪ねて来る。浦田に、人間扱いしない秋田の看守を訴えて欲しいと言う。しかし、隙をついて浦田は通報。囚われた佐久間は網走刑務所へ収監される。さらに、浦田も網走の看守長として転任することになる。こうして、浦田と佐久間の長い闘いが始まる…。

「破獄」は、読売文学賞を受賞した吉村氏の同名小説。「夏目漱石の妻」の池端俊策が脚本を、『神様のカルテ』シリーズや「偽装の夫婦」の深川栄洋が監督を務め、今回30年ぶりにドラマ化される。

本作は、脱獄阻止のエキスパートであり、監獄の守り神として絶対的自信を持つ看守部長・浦田進と、緻密な計画と大胆な行動力、そして無尽蔵の体力を武器に、犯罪史上未曾有の脱獄を繰り返した無期懲役囚との奇妙な共生関係を通して、「命とは何か」「生きるとは何か」「人と人 の絆とは何か」を描く、究極の脱獄&追跡エンターテインメント。そして今回、浦田進を演じるのは、芸人の顔を持つ一方、ヴェネツィア国際映画で『HANA-BI』が日本作品として40年ぶりとなる金獅子賞を受賞するなど、数々の映画賞を受賞しているビートたけしさん。浦田は、関東大震災時に刑務所の受刑者2千人余りを守るため忙殺され、大火に包まれた家に戻らず妻子が死亡。看守長としての務めを果たした反面、家族を見殺しにしてしまったという思いに苛まれている人物。

ビートたけしさんは、「いつものように監督に言われた通り、精一杯演じるつもりでいますが、『破獄』という物語は、“生きる”という深いテーマ性がある作品なので、うまく演じきれるか少し緊張しています」と心境を明かすも、「クランクインして間もないですが、頑張っていきます」と意気込んだ。

また田淵俊彦プロデューサーは、「いまこれを、映画ではなくテレビでやることの意義や意味は大きいと確信していた。全てが不確かで曖昧な時代に確固たる信念を持つことの大切さを訴えたかったからだ」と今回の制作経緯を語る。さらにこの大きなチャレンジを適えるためには、「全ての常識を取っ払ってしまうような絶大なパワーが必要」と考えたと話し、それがビートたけしさん起用に至ったとコメント。撮影はすでに開始されているそうで、「現場は未知なる挑戦への熱気に包まれている。視聴者はいままで全く見たことがない“ビートたけし像”を目の当たりにすることになるだろう」と期待煽るコメントを寄せている。

「破獄」は2017年、テレビ東京系にて放送予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top