上白石萌音、梶裕貴“ホクサイ”と安く美味しい自炊ライフ!「ホクサイと飯さえあれば」今夜

最新ニュース

-(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • -(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • -(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • -(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 「ホクサイと飯さえあれば」(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 「ホクサイと飯さえあれば」 (c)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・M BS
  • 「ホクサイと飯さえあれば」(c)鈴木小波/講談社
  • 梶裕貴&ホクサイ 「ホクサイと飯さえあれば」(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
  • 「ホクサイと飯さえあれば」(C)鈴木小波/講談社・「ホクサイと飯さえあれば」製作委員会・MBS
女優・上白石萌音の連続ドラマ初主演作となるドラマ「ホクサイと飯さえあれば」がTBSで1月24日(火)今夜から放送スタート。また、上白石さん演じる山田文子の母親を斉藤由貴が演じていることも発表された。

かつて掲載誌の休刊に伴い惜しまれつつ終了した、鈴木小波による北千住が舞台の伝説インドアご馳走マンガ「ホクサイと飯」。その後「ヤングマガジンサード」にて「ホクサイと飯」の8年前の物語を描いた「ホクサイと飯さえあれば」が復活連載。本ドラマは同作をベースしたものとなる。

“食べるシーン”が一切ないという異色のグルメドラマである本作。主人公・山田文子(ブン)役を、『舞妓はレディ』で映画初主演を務め『ちはやふる』『溺れるナイフ』など話題作、人気作に続々と出演。200億を超える興収を記録、世界的ヒットになった『君の名は。』ではヒロイン役の声優も担当、昨年10月にはカバーミニアルバム「chouchou」で歌手としてメジャーデビューも果たした上白石さんが演じるほか、池田エライザがブンと同じ大学に通う、美味しいゴハンに目がなくコミュ力が高い女子大生の有川絢子(ジュン)を、前田公輝がジュンの幼馴染で高校教師の柑田川永太郎をそれぞれ演じて共演。さらにアニメ「進撃の巨人」などで知られる大人気実力派声優・梶裕貴がぬいぐるみの“ホクサイ”役で声優を担当する。

そして今回ブンの母親役を斉藤さんが担当することが明らかに。KDDIの「au森家シリーズ」TVCMではコミカルな母親を、NHKの連続ドラマ「お母さん、娘をやめていいですか?」ではいわゆる“毒母”と、違う面を持つ母親を演じている斉藤さんが、本作では娘をこよなく愛し、週に一度は娘に電話をしてしまう元気いっぱいのとても愛らしい母親役を熱演。2012年放送の「恋味母娘」以来の親子共演となることに「萌音ちゃんのお母さん役は今回で2回目だったのでお手のものでした」とコメントしている斉藤さん。上白石さんについて「萌音ちゃんはお芝居が本当に上手なので、安心しています。逆に学ぶことも多いです」とその演技力を絶賛した。

第1話「変身のサンドイッチ」 では商店街で買い物して残金が67円になったところで空腹に襲われ街をさまよっているブンが、パン屋でパンの耳をもらっている絢子を見かけ、ジュンが微笑みかけてくるも人見知りの激しいブンはその場から逃げ出してしまい――というストーリーが展開。

「ホクサイと飯さえあれば」は1月24日(火)深夜1時28分よりTBSにて放送開始。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top