桐谷美玲、“女子力ゼロ”のリケジョに! 「人は見た目が100パーセント」がドラマ化

最新ニュース

女優・桐谷美玲が、4月期放送のフジテレビ系新木10ドラマ「人は見た目が100パーセント」にて主演を務めることが決定。本作では、“女子力ゼロの理系女子(リケジョ)”役に初挑戦する。

ドラマの原作は、2014年から「BE・LOVE」(講談社)にて連載され、単行本は4巻が刊行されている大久保ヒロミの同名コミック。雑誌「VOCE」や「with」では、作中の主人公たちを表す「女子モドキ(JSM)」特集が組まれるなど多くの雑誌に取り上げられ、10~40代という幅広い層の女性から圧倒的な支持を得ている。

今回主演を務める桐谷さんは、ドラマや映画はもちろん、舞台やニュースキャスターとして幅広く活躍。また、美容雑誌「VOCE」が選ぶ「2016年最も美しい顔」を受賞するなど、若い女性の憧れの的としてトップを走り続けている。そんな彼女が今回演じるのは、製紙会社に勤務する真面目で見た目はさえない理系女子の研究員・城之内純。彼女は、「自分に自信がない」「男性にモテたことがない」「ガールズトークが得意ではない」「メイクやおしゃれもほとんどしない」「イケメンや美女には目も合わせられない」「自分の容姿を褒められたことがない」という、とにかくないないづくし。研究に没頭し、「女子力」や「美」に背を向けた人生を歩んできたばかりに、おしゃれ偏差値が最底辺になってしまっていた…という役どころだ。

しかし仕事の都合から、自分は「女子」ではなく「女子モドキ」なのかもしれないということに気がつき、研究室の同僚女子2人と一緒に3人で流行のメイク・ファッション・美容など「美の特別研究」を始め…と物語が展開していく。

桐谷さんは「タイトルが『人は見た目が100パーセント』ということなんですが…、私は見た目に関していうと“清潔感”を大事にしたいなと思っています。みなさまぜひ応援よろしくお願い致します」と意気込み、原作者の大久保氏は「桐谷さんの白衣姿を想像するだけでワクワクします。原作はギャグメインですが、ドラマではきっと原作にはないストーリーも見られると思うので、純粋に一視聴者として、とても楽しみにしています!」と期待を語っている。

木曜劇場「人は見た目が100パーセント」は4月期より毎週木曜日22時~フジテレビにて放送。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top