黒島結菜、 「東京すみっこごはん」ドラマ化で主演!料理シーンは「楽しみ」

最新ニュース

成田名璃子の「東京すみっこごはん」がWOWOWにて連続ドラマ化することが決定。主演には黒島結菜を迎え、5月より放送される。

幼い頃に両親を失い、孤独を抱えつつ周囲にあわせるようにして生きてきた女子高生・沢渡楓(黒島結菜)は、ある日の学校の帰り道、突然現れた黒猫に導かれ、扉に「すみっこごはん」と書かれた一軒家にたどり着く。そこはそれぞれに 悩みを抱えながらも楽しくごはんを食べるために集まる人たちの共同台所だった。彼らの巻き起こす様々な騒動の中で人々の優し さや苦しみ、そして美味しいごはんに触れ、生きることの意味を感じとっていく楓だったが、やがてこの場所に存続の危機が訪れ たことで、「すみっこごはん」誕生をめぐる一人の女性の切なくも美しい人生を知ることになる――。

物語の舞台は、それぞれに生き辛さを抱えながら、それでも懸命に暮らしている人たちが集まる共同台所「すみっこごはん」。美味しい料理とユーモアと涙、そして少々の苦味に彩られる新たな東京ヒューマンストーリーがいま誕生する。監督には、『しあわせのパン』『繕い裁つ人』などの作品で市井に生きる人々の真摯な心情を繊細に描き出してきた 三島有紀子が務め、連続テレビ小説「マッサン」の羽原大介が脚本を手掛ける。

そんな物語の主人公で女子高生の沢渡楓を演じるのは、「ごめんね青春!」や「時をかける少女」などに出演するいま注目の若手女優、黒島さん。周りにあわせるように俯きがちに生きてきた楓が、「すみっこごはん」に集う様々な人々、そしてその成り立ちの秘密に触れて大人へと成長していく姿を瑞々しく演じていく。そして、本作の大きなみどころの一つはもちろん「ごはん」。一人の女性の想いが宿るレシピから作られていく素朴ながらも味わい豊かな料理が登場する。

今回の役どころについて黒島さんは、「楓は思っていることを口にするのがあまり得意ではなく、我慢していることが多い女の子です。でもすみっこごはんの人達と出会うことで、自分の想いを素直に伝えることができるようになります」と説明。ドラマ内では、料理をするシーンが多数出てくるということで、「鰹節を削ったり、昔ながらの調理法で作ることが多く、初めての経験なので楽しみです」と撮影前の心境も語った。また、今回のドラマ化に光栄だと語った原作者の成田氏は、「原作では何人かの登場人物の視点で世界が語られ、心理描写が多いので、ドラマではストーリー展開にどのような味つけがされるのか本当に楽しみにしていました。いざ台本を拝読してみると、すみっこごはんの世界観を継承しながら、原作にはないドラマオリジナルの登場人物やエピソードで物語に深みと広がりを与えていただいており、何度も泣くことに。映像化が待ち遠しいです」とコメントを寄せている。

「連続ドラマW 東京すみっこごはん」は5月より毎週土曜日22時~WOWOWにて放送予定。※第1話無料放送
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top