【予告編】M・ファスベンダー×A・ヴィキャンデル、その愛を手放せるのか…『光をくれた人』

映画

『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
  • 『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
  • 『光をくれた人』 (C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC
マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルが、実生活でも愛を育むきっかけとなった共演作『光をくれた人』。その公開日が3月31日(金)に決定し、号泣必至、心揺さぶる予告編が解禁となった。

本作は、世界40か国以上に翻訳されたオーストラリアの作家M・L・ステッドマンのベストセラー「海を照らす光」を映画化。海で助けた赤ん坊をわが子として育てる、灯台守の夫婦トムとイザベルには、『それでも夜は明ける』『スティーブ・ジョブズ』でアカデミー賞ノミネート経験を持つマイケルと、『リリーのすべて』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたアリシア。孤島での撮影中に恋に落ちた2人の、演技を越えた夫婦役は必見。また、実の母親ハナには、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にしたレイチェル・ワイズが扮している。

ライアン・ゴズリング×ミシェル・ウィリアムズ『ブルー・バレンタイン』で、ある夫婦の愛の始まりと破綻を描いて絶賛を受け、続く『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』では父と息子の二代に渡るドラマを描き切ったデレク・シアンフランス監督が、原作を自ら脚色し、メガホンをとった。

オーストラリア西部の孤島ヤヌス・ロックを舞台にした本作の予告編は、戦争の傷跡で心を閉ざしていた灯台守のトムと、妻イザベルが手紙を通して愛を育んでいるシーンから始まる。だが、イザベルの流産という予期せぬ不幸が夫婦を襲う。憔悴しきったイザベルの元へ、流れ着く一艘のボート。中では、女の子の赤ん坊が声をあげて泣いている。

灯台守としての報告義務を果たそうとするトムに対して、「運命がつれてきてくれたのよ」「私たちが育てなきゃ」と懇願するイザベル。4年後、愛されて健やかに育った娘ルーシーを囲む家族は、幸せそのもの。“演技を超えた”夫婦の愛し慈しむ姿にウットリするのもつかの間、イザベルはルーシーの実の母親、ハナと出会ってしまう…。夫と娘を海で亡くしているというハナ。3人の運命の歯車は動き出し、愛する娘を巡って2人の母親が争うシーンでは、お互い「自分が母親だ」と譲らぬ姿も描かれている。


奪われる者の悲しみ、奪う者の苦しみ、家族を守る者の覚悟…トム、イザベル、ハナの三者三様の愛と葛藤に、胸を締め付けられる本映像。“ラスト10分、涙が止まらない”というテロップで幕を閉じる予告編を、まずはここから確かめてみて。

『光をくれた人』は3月31日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top