菅田将暉「泣いてる?」の問いに、松坂桃李「泣いてねえし!」と満面の笑み

最新ニュース

『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 松坂桃李/『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 菅田将暉/『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 成田凌/『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 横浜流星/『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 杉野遥亮/『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
  • 松坂桃李/『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶
松坂桃李&菅田将暉によるW主演の話題作『キセキ -あの日のソビト-』初日舞台挨拶が1月28日(土)、都内にて行われ、ふたりのほか、出演する忽那汐里、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、平祐奈、兼重淳監督が登壇した。ついに迎えた初日に感無量の表情で挨拶を始めた松坂さん。菅田さんが「泣いてる?」と茶化すと、松坂さんは「泣いてねえし!」と返しながらも、「いろいろなところでたくさん取り上げてくださって、グリーンボーイズも“Mステ”にも出たりして。支えてもらいながらできた作品です」と、感謝の言葉で笑顔を見せた。

本作は、覆面ボーカルグループ「GReeeeN」の名曲「キセキ」誕生までの秘話と、彼らにまつわるドラマを描き出す青春物語。歯医者を目指しながら音楽の道を目指すことになる弟ヒデ(菅田さん)の夢をかなえようと、プロデューサーとなった兄・ジン(松坂さん)が、前代未聞の顔出しなしのCDデビューのために奔走する。

夢をかなえる人の背中を押すような作品なだけに、登壇陣の夢について話が及んだ。菅田さんは、「親父が大賛成というか。親父のほうが俺より前に出ているというか。バラエティ番組で子どもの頃の写真が必要になると、100枚単位であれもこれもって送って、中になぜか親父の写真がある人なので。大賛成ですね」と、家族に熱く応援してもらっている様子を明かした。

一方、松坂さんの両親については、「うちの父が厳しかったので、猛反対されました」と、菅田さんとは逆の環境だったそう。松坂さんは「でも、押し切ってやりました。いまは、ほんのり応援してくれているんじゃないかな、と思います。父は、たまにすごい長い文章でブワーッとメールがくるんです」と話し、毎回そのメールに襟を正されているそう。松坂さんの母親は、出演作も毎回見ているそうだが、本作に関しては、「“あんた、かっこつけるのやめなさい”と言われた(笑)」となぜか手厳しい感想だったと苦笑し、「髭とか髪の色とかかなあ?」と首をかしげていた。

『キセキ -あの日のソビト-』は全国にて公開中。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top