島崎遥香、アイドル目指しオーディション!「センターを奪う!」と意気込むも「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話

最新ニュース

「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
  • 「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話-(C)NTV
堤真一主演、福田雄一が脚本・演出を手がけ、藤子・F・不二雄の人気ヒーロー漫画をドラマ化した「スーパーサラリーマン左江内氏」の第3話が1月28日(土)オンエア。今夜は、島崎遥香が憧れる国民的アイドルグループのセンターとして話題の女優・浜辺美波がゲスト出演する。

日本テレビ連続ドラマ初出演の堤さんが、平凡な妻子あるサラリーマンで中間管理職=係長の主人公・左江内(さえない)さんを演じ、左江内さんの“鬼嫁”である円子に小泉今日子、左江内の娘・はね子に元「AKB48」の島崎遥香、左江内の活躍を結果的に手柄にする刑事・小池にムロツヨシ、小池と行動を共にするお巡りさん・刈野に中村倫也、左江内の直属の上司・簑島役に高橋克実、左江内さんの勤務する会社の社員役で賀来賢人、早見あかりらが出演。また左江内さんの前にふいに現れる謎のフリーター・米倉を佐藤二朗、左江内さんにスーパースーツを託す怪しい男に笹野高史と、バラエティに富んだキャストが揃った。

先週放送の第2話ではオープニングでお笑いコンビの「ラバーガール」が登場、「冒頭のラバーガールと堤真一のコントいいね」「ラバーガールでてきたり、出演してるひとも個性的」などネットが沸き立ったのをはじめ、オープニング映像についても「完全にmarvel意識しててセンス最高」「マーベルに似ててそれだけで興奮した」「MARVELっぽくてニヤッとした」など、「勇者ヨシヒコ」シリーズでも数々のパロディで話題を呼んだ福田監督らしい演出に多くのファンが賞賛の声を贈った。

また合唱シーンで歌われた「怪獣のバラード」にも「怪獣のバラード流れてて中学の時思い出した」「合唱の曲が私が中学生の時に合唱で歌った曲」など小中学校時代に歌ったという視聴者が反応し、パロディだけでなく各所で“バズる”要素を盛り込んでおり、今夜の第3話では何が“仕込まれているか”にも期待が高まる。

そんな中放送される今回の第3話に、いま注目の若手女優である浜辺さんがゲストで登場する。浜辺さんは、2011年、第7回東宝シンデレラオーディションから芸能界入り。人気アニメをドラマ化した「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」の本間芽衣子役で注目を浴び、現在公開中の『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』にも出演、実写版『咲-Saki-』では主人公・宮永咲役で連続テレビドラマ初主演を果たした。

彼女が今回演じるのは、島崎さん演じるはね子も憧れる国民的アイドルグループのセンター・真中ありさ。裏表が激しい性格で仕事で関わった左江内さんを翻弄していく役柄になるという。

物語は、左江内(堤真一)が、はね子(島崎遥香)から、「ルージュパンク」というアイドルグループのオーディションを受けると聞かされるところから始まる。心配する左江内をよそに、「センターを奪う!」と、野望に燃える家族たち。そんな中、左江内は、会社のCM撮影の助っ人で現場へ行くことになる。CMに出演するのは、ルージュパンクの不動のセンター・真中ありさ(浜辺美波)だった。ありさは、清純で売りつつも、実は裏表のはげしい性格。左江内は、ありさにこき使われ、振り回される。左江内ははね子がこうなってしまったら嫌だ! とオーディションを反対し出すが、逆に、ありさにはね子をオーディションでプッシュしてほしいと円子に言われてしまう始末。左江内は一体どうするのか?

夏公開の映画『君の膵臓をたべたい』にも出演が決定、今後さらなる成長が期待される浜辺さんのフレッシュなアイドル姿は必見。

「スーパーサラリーマン左江内氏」第3話は1月28日(土)今夜21時~日本テレビ系で放送。
《笠緒》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top