エマ・ストーン、全米俳優組合賞で主演女優賞を獲得!

最新ニュース

エマ・ストー-(C)Getty Images
  • エマ・ストー-(C)Getty Images
  • エマ・ストーン&ライアン・ゴズリング-(C)Getty Images
  • エマ・ストー-(C)Getty Images
  • エマ・ストー-(C)Getty Images
  • デンゼル・ワシントン-(C)Getty Images
29日(現地時間)行われた全米俳優組合賞(以下SAG賞)授賞式で、『ラ・ラ・ランド』のエマ・ストーンが主演女優賞を獲得した。

エマのほかに主演女優賞にノミネートされていたのは、『Arrival』(原題)のエイミー・アダムス、『ガール・オン・ザ・トレイン』のエミリー・ブラント、『ジャッキー/ファースト・レディ 最後の使命』のナタリー・ポートマン、『マダム・フローレンス!夢見るふたり』のメリル・ストリープと強敵揃い。

SAG賞の主演女優賞を獲得した女優は、ジェニファー・ローレンス、ケイト・ブランシェツト、ジュリアン・ムーア、そして昨年のブリー・ラーソンと、過去4年間、アカデミー賞の主演女優賞に輝いていることから、エマがオスカーを手にする可能性はかなり濃厚と見られる。

受賞スピーチのために登壇したエマは、興奮のためか、ややパニック状態でスピーチを始めた。しかし、『ラ・ラ・ランド』のデミアン・チャゼル監督に感謝の気持ちを述べた後、「ライアン、あなたは最高よ! それは紛れもない事実だわ! 異論のある人はいないでしょ」と言って劇中のパートナーを褒めたたえ、会場を沸かせた。

同作で共演したライアン・ゴズリングも主演男優賞にノミネートされていたが、残念ながら賞は『Fences』(原題)のデンゼル・ワシントンの手に。オスカー俳優のデンゼルだが、意外にもSAG主演男優賞は初めての受賞であった。
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top