【予告編】25年ぶりの故郷へGoogle Earthが道案内…『LION/ライオン』

映画

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
  • 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 -(C) 2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia
5歳から25年間迷子だった男が、Google Earthを駆使して生まれ故郷を探す。この現代のおとぎ話のような驚愕の実話を、『英国王のスピーチ』の製作陣とデヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンら豪華俳優陣で描く『LION/ライオン ~25年目のただいま~』。このたび、その本予告映像が解禁となった。

インドのとある田舎町。停車中の電車で眠り込んでしまった5歳のサルーは、兄グドゥと離ればなれになり、遥か遠くの地まで列車で運ばれてしまう。25年後、養子に出されたオーストラリア・タスマニアで立派に成長したサルー。彼は、失った人生の一部を埋めるため、そしていまだ言えずにいる「ただいま」を伝えるために、生家を探し始める。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、彼の人生の穴を埋め、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。大いなる“探し物”の果てに、彼が見つけたものとは――。

第89回アカデミー賞にて作品賞および、助演男優賞(デヴ・パテル)、助演女優賞(ニコール・キッドマン)、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門にてノミネートされている本作。

このたび解禁された本予告では、オーストラリアとインドという2つの国を舞台に、25年間迷子だった男が、過去と未来を行き来しながら自分の故郷を探す驚愕の人生の旅路が描かれている。主人公サルー(デヴ・パテル)はオーストラリアで養父母(ニコール・キッドマン&デヴィッド・ウェンハム)と幸せに暮らしていた。仲間たちとの食事の席で、彼は25年前にインドで迷子になり、以来離ればなれになった実の兄と母をずっと忘れられずにいたことを打ち明ける。

「Google Earthなら世界中どこでも探せる、列車の距離が分かれば、距離が割り出せて故郷を探せるかもしれない」。わずかな記憶とGoogle Earthを頼りに生まれ故郷を探しはじめるサルー。幼いサルーがインドのスラム街で懸命に生き抜こうとする姿と、大人になりオーストラリアの地で自分のルーツを必死に求め続ける姿が次第に重なり…。


デヴ・パテルやニコール・キッドマンの演技はもちろんのこと、撮影賞にもノミネートされた躍動感と臨場感にあふれた映像、作曲賞ノミネートのダスティン・オハローラン、ハウシュカの楽曲も強い印象を残す本予告。

迷った距離1万キロ、探した時間25年を埋めていくサルーの“人生探し”の旅を、ここから確かめてみて。

『LION/ライオン ~25年目のただいま~』は4月7日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top