神木隆之介&高橋一生のほっこり昼休みを激写! 『3月のライオン』

映画

『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 高橋一生/『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
  • 『3月のライオン』(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会
羽海野チカ原作の国民的人気コミックを、現在放送中のアニメ化に続き、神木隆之介主演で実写化する『3月のライオン』。この度、神木さんと高橋一生が共演したシーンを収めた写真が到着した。

桐山零(神木隆之介)は、17歳の将棋のプロ棋士。幼い頃に交通事故で家族を亡くし、父の友人の棋士の家に引き取られるが、そこでも居場所を見つける事ができず、今は東京の下町で一人暮らしながら、孤独を抱えてすがりつくように将棋を指し続けていた。しかし史上5人目の中学生プロ棋士になったほど、将棋では天才的な強さに恵まれる零は、同じ下町に住む川本三姉妹との出会いや、ライバル棋士たちとの闘いによって、本物の愛を見つけていく――。

現在、大河ドラマ「おんな城主 直虎」や「カルテット」に出演し、話題を集めている俳優・高橋さん。1990年に映画初出演して以来、子役から俳優としての道を歩み続け、数々の映画、TVドラマ、舞台に出演。大ヒット映画『シン・ゴジラ』でも存在感を発揮していたが、今回本作で演じているのは、神木さん演じる桐山零が通う高校の担任教師・林田高志。

林田先生は先生らしくない軽いキャラにみえるが、1年遅れで編入し学校に馴染めず友達もいない零を気にかける役どころ。いつも一人屋上で昼休みを過ごす零のところに、林田先生はカップラーメンを抱えて現れ、時には先生と生徒という垣根を越え、本音トークで相談にのることも。そんな林田先生のことを零は、時に面倒そうな素振りを見せつつ、心の底では頼りにしているのだ。そしてこのほど到着したのが、そんな2人の関係性を切り取った、学校屋上での昼休みシーン。

林田先生の登場シーンついて大友啓史監督は、「映画全体の緩急で言うと“暖”のシーンですが、そういうときにこういう言い方をされると救われるよね、という微妙なニュアンスを、うまく表現してくれている。彼に演じてもらうことで、とても豊かなシーンになったと感じています」と絶賛している。

『3月のライオン』前編は3月18日(土)、後編は4月22日(土)より全国にて2部作連続公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top