アデル、“最も稼ぐグラミー賞候補”ランキングで1位に!

最新ニュース

アデル-(C)Getty Images
  • アデル-(C)Getty Images
  • アデル
  • アデル-(C)Getty Images
  • リアーナ-(C)Getty Images
  • ポール・マッカートニー-(C) Getty Images
  • ビヨンセ-(C)Getty Images
  • ザ・ウィークエンド-(C)Getty Images
アデルが「Forbes」誌の「2017年最も稼ぐグラミー賞候補」ランキングの第1位に輝いた。

同賞で年間最優秀アルバムにノミネートされている2016年作アルバム「25」の売上や、各都市の公演ごとの収入が380万ドル(約4億3,000万円)といわれる「アデル・ライブ・ツアー」から総額8,050万ドル(約90億4,000万円)を稼ぎ出し、12日(現地時間)に開催される第59回グラミー賞の候補を対象とした長者番付でトップの座を獲得した。

続いて2位はグラミー賞8ノミネートのリアーナとなり、公演1回の推定収入160万ドル(約1億8,000万円)といわれるツアーや、アルバム「アンチ」の売上、そして「プーマ(Puma)」、「サムスン電子」、「クリスチャンディオール(Christian Dior)」などとの広告契約などから推定収入7,500万ドル(約84億円)を得たとされている。

3位は5,650万ドル(約63億5,000万円)のポール・マッカートニー、4位は5,600万ドル(約63億円)でケニー・チェズニーとジャスティン・ビーバーとなり、ジャスティンはアルバム「パーパス」の年間最優秀アルバム、「ラブ・ユアセルフ」の年間最優秀楽曲と主要部門を含む4つのノミネートを受けている。

一方、グラミー賞で9部門最多ノミネートを果たしているビヨンセは、5,400万ドル(約60億7,000万円)で7位に留まり、年間最優秀アルバムや年間最優秀楽曲を含む8ノミネートのドレイクは3,850万ドル(約43億2,500万円)で10位となった。

「2017年最も稼ぐグラミー賞候補」ランキングは、2015年6月から2016年6月の経費を差し引く前の収入を対象にした「世界で最も稼いだミュージシャン」ランキングのデータを基にしている。「世界で最も稼いだミュージシャン」ランキングで1位に輝いたテイラー・スウィフトは、今年のグラミー賞にはノミネートされていない。 

「Forbes」誌 による2017年最も稼ぐグラミー賞候補ランキング:

1位 アデル 8050万ドル(約90億4,000万円)/5ノミネート 
2位 リアーナ 7500万ドル(約84億円)/8ノミネート
3位 ポール・マッカートニー 5,650万ドル(約63億5,000万円)/ 2ノミネート
4位 ケニー・チェズニー 5,600万ドル(約63億円)/ 1ノミネート
4位 ジャスティン・ビーバー 5,600万ドル(約63億円)/ 4ノミネート
6位 ザ・ウィークエンド 5,500万ドル(約61億8,000万円)/ 1ノミネート
7位 ビヨンセ 5,400万ドル(約60億7,000万円)/ 9ノミネート
8位 ジェイ・Z 5,350万ドル(約60億1,000万円)/ 1ノミネート
9位 ドクター・ドレ 4,100万ドル(約46億円)/ 1ノミネート
10位 ドレイク 3,850万ドル(約43億,2500万円)/ 8ノミネート

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top