【インタビュー】水谷豊&反町隆史、17年目に突入――『相棒 -劇場版IV-』から生まれた2つの伝説

最新ニュース

水谷豊&反町隆史『相棒 -劇場版IV-』/photo:Hayato Ishii
  • 水谷豊&反町隆史『相棒 -劇場版IV-』/photo:Hayato Ishii
  • 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 水谷豊&反町隆史『相棒 -劇場版IV-』/photo:Hayato Ishii
  • 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 水谷豊『相棒 -劇場版IV-』/photo:Hayato Ishii
  • 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
  • 反町隆史『相棒 -劇場版IV-』/photo:Hayato Ishii
  • 『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』(C)2017「相棒-劇場版IV-」パートナーズ
人気テレビドラマ劇場版第4弾の映画『相棒-劇場版IV- 首都クライシス 人質は50万人! 特命係 最後の決断』の注目ポイントは、警視庁特命係係長・杉下右京を演じる水谷豊のキレのある疾走シーンであろう。水谷さん曰く「最近『相棒』ファンの方から“ここのところ右京は走っていませんね、走っているところが好きなのに…”と言われる機会が多いので、今回の劇場版では何としてでも走ろうと思った」というだけに、“走る右京”の雄姿は必見だ。そのクライマックスの撮影では、2つの伝説が生まれた。水谷さんと相棒・冠城亘役の反町隆史に話を聞いた。

伝説その1は、50万人が集まる世界スポーツ競技大会の日本選手団祝賀パレードのシーン。『相棒』史上最大規模の撮影地に選ばれたのは、北九州市内最大の目抜き通りにあたる6車線の県道・小文字通り。「脚本を読んだときに“このパレード、撮影できるのか!?”と思った。ロケ場所には数百軒以上の商店が並び、一軒でもOKしないと撮影は不可能ですから」と水谷さんがふり返ると、反町さんも「しかも天候の問題で撮影が2度も延期しましたね」と付け加える。

しかし、スタートから数えて17年目に突入する長寿ドラマのブランド力は最強だった。「商店街の皆さんが“『相棒』ならばOKだ”と言ってくれて、大変感激しました。このシーンの撮影をしている時はつくづく“『相棒』をやっていて良かったなぁ”と思いました。皆さんが『相棒』のために集まり、通りを貸してくれたのが本当に嬉しかった」と水谷さん。警察・行政・商店街の協力のもと、300mに渡って約12時間の完全封鎖が実現。反町さんも「スタートして1、2年のドラマではないですからね、それこそ『相棒』が培ってきた人気あってのもの」と『相棒』の浸透ぶりを目の当たりにした。

伝説その2は、犯人を追い詰める場面で訪れる。還暦オーバーの水谷さんは「アクション担当は冠城君ですから、反(反町さん)は楽しそうにやっていましたねぇ」と右京のごとく他人事テイストに呟くが、反町さんは「水谷さんは元陸上部というだけあって、本当に走るのが速かった。形はカッコいいが走り方がダサイという人は多いけれど、走り込んでいただけあってフォームも素晴らしく“おいていかれる!”と思ったほど」と証言する。

脚力もさることながら、腰元程の高さの柵を軽々と飛び越える動作にも驚いた。反町さんは「片足をついてもう片方の足でまたぐ、というのならばわかります。でも水谷さんはそうではなくて、片手で策を掴んで両足を揃えてピュッと飛ぶ。あまりの跳躍力に『普段運動をされているんですか?』と聞くと『何もやっていない』と言う」と潜在能力の高さに目がテン。これに水谷さんは「現場に着いてふと見たときに“柵があるな”と思いましてね、そのときに“あれくらいならやれるなぁ”とは思いましたけどね」というも「でも反は“俳優という職業を選択したからシェイプアップしている、俳優でなければここまでシェイプアップはしない”と言うんです。この信条は素晴らしいですね」と反町さんからの絶賛が恥ずかしいのかさらりと流した。
《text/photo:Hayato Ishii》

関連ニュース

特集

page top