「笑ゥせぇるすまんNEW」、玄田哲章版“喪黒福造”が初披露!

最新ニュース

「笑ゥせぇるすまんNEW」 (c)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会
  • 「笑ゥせぇるすまんNEW」 (c)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会
  • 「笑ゥせぇるすまんNEW」-(C)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会
  • 「笑ゥせぇるすまんNEW」-(C)藤子スタジオ/笑ゥせぇるすまんNEW製作委員会
藤子不二雄Ⓐによる大人気ブラック・ユーモア漫画「笑ゥせぇるすまん」が、4月期より「あにめのめ」枠(TOKYO MX、読売テレビ、BS11)とアニマックスにて放送される。この度その放送を前に、玄田哲章が演じる喪黒福造の声が聞ける映像が、公式Webサイトにて初披露された。

私の名は喪黒福造、人呼んで笑ゥせぇるすまん。ただのセールスマンじゃございません。私の取り扱う品物は心、人間の心でございます。ホーホッホッ…。この世は老いも若きも男も女も、心のさみしい人ばかり、そんな皆さんの心のスキマをお埋め致します。いいえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたらそれが何よりの報酬でございます。さて、今日のお客様は一体どんな人なんでしょうねェ…ホーッホッホッホッ…」これはあなたにも起こるかもしれない物語。「ドーーン!!」

「笑ゥせぇるすまん」は、1968年、「ビッグコミック」(小学館)に「黒イせぇるすまん」として登場。1989年にはTBS系の「ギミア・ぶれいく」コーナー内で「笑ゥせぇるすまん」に改題しTVアニメ化。そして1990年~95年には「月間中央公論」(中央公論新社)で漫画連載され話題に。喪黒の「ドーン!」と言う呪文や、「ホーッホッホッホッ」と特徴のある笑い方が注目され、翌年にはテレビ朝日でドラマ化、大人から子どもまで大人気の作品となった。

そして、本作の主人公・謎のセールスマン喪黒福造の声を故・大平透から引き継ぐのは、『ターミネーター』シリーズなどアーノルド・シュワルツェネッガーの声でお馴染みの玄田さん。監督には「新あたしンち」「エリアの騎士」の小倉宏文が務め、前作「笑ゥせぇるすまん」の音楽を担当した田中公平が本作で担当するなど、実力派スタッフが集結している。本作への参加に、即座に快諾したと話す田中さんは、当時をふり返り、「作曲家としてお仕事を始めてそれほど時間が経っていない駆け出しの時期でした。自分に出来る最高の楽曲を書いて、皆さんの期待に応えたい! と、あの有名になった『テーマ曲』を書きました。幸い、非常に良い評価をいただいて、その後のお仕事に良い影響がありました。それほど、世間から注目された作品だったからです」と話し、「またあの作品の、あの曲が書ける! と思うと、本当にココロがウキウキします。ココロのすき間が埋まった感じです」と喜びもひとしおだと語っている。

公式サイトにて解禁された映像では、喪黒のシルエットと共に玄田さん演じる喪黒の声がお披露目。お馴染みの「ココロのスキマ、お埋め致します」や「ドーン!」といったセリフもいち早く聞くことができる。

「笑ゥせぇるすまんNEW」は2017年4月3日より毎週月曜日23時~TOKYO MXほかにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top