個性爆発!「59回グラミー賞授賞式」ファッションチェック

最新ニュース

レディー・ガガ&ケイティ・ペリー&ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ&ケイティ・ペリー&ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ-(C)Getty Images
  • レディー・ガガ-(C)Getty Images
  • ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images
  • ケイティ・ペリー-(C)Getty Images
  • リア・ミシェル-(C)Getty Images
  • アデル-(C)Getty Images
ほかの授賞式よりも、「自己表現」に重視したドレスをまとうセレブが多い印象を受けるグラミー賞授賞式。「Us Weekly」などのメディアが注目したドレスをチェック!

常に個性的なファッションでファンの目を楽しませてくれるレディー・ガガは、今回はいつもに増して強烈な装い。ピンクのヘアにトップスは腕とデコルテ、胸の一部のみを覆っているジャケットで、いわゆる“下乳”と背中は完全露出。背中には、ともにパフォーマンスをするメタリカの曲にちなんだ「蛾」のタトゥーが。一時的なものか本物のタトゥーなのかは不明。ボトムスはハイウェストのレザーショーツで鎖がジャラジャラ。

レディー・ガガ-(C)Getty Images
つい最近、彼氏のオーランド・ブルームのヘアカラーに合わせたかのようにブロンドヘアデビューを果たしたケイティ・ペリーは、「トム・フォード(TOM FORD)」のドレスで来場。トップスはメタリック、ボトムスはフリンジスカートと全くの異素材で個性が強く、着る人を選ぶ難易度高めなドレスに挑んだ。

ケイティ・ペリー-(C)Getty Images

今回、ベストドレッサーとして名前が挙がっているのは「Ralph & Russo」のベビーピンクのドレスをまとったジェニファー・ロペス。同ドレスはわずか2週間前にランウェイデビューを果たしたばかりの最新のもの。
ジェニファー・ロペス-(C)Getty Images

リア・ミシェルのステンドグラスのように美しい装飾とマーメイドラインのシルエットが素晴らしい「ロベルト・カヴァリ(Roberto Cavalli)」のセパレートドレスも人気だった。12月に「フィフス・ハーモニー」から脱退しソロとしてのキャリアを歩み出したカミラ・カベロの「Miri Couture」のドレスもひときわエレガントで「プリンセスのようだ」と高評価だった。

リア・ミシェル-(C)Getty Images
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top