スティーブン・スピルバーグの製作会社、『ジョン・ウィック』女性版を製作?

最新ニュース

スティーブン・スピルバーグ-(C)Getty Images
  • スティーブン・スピルバーグ-(C)Getty Images
  • スティーブン・スピルバーグ
  • スティーブン・スピルバーグ-(C)Getty Images
スティーブン・スピルバーグの製作会社が『Ruthless』(原題)の版権を獲得した。

多くのプロデューサーや製作会社が同作品の版権獲得を目指し、熾烈な争いを繰り広げていたと言われていたが、最終的にスピルバーグの製作会社「アンブリン・パートナーズ」がその版権を買い取ったことを「Deadline」誌が報じている。

ブラッド・ペイトン監督がメガホンを取ると伝えられている同作品は、ジョン・スウェトナムが脚本を手掛けることになっており、女性が主人公のアクション映画になるようだ。

末期の脳腫瘍を患う元殺し屋の女性が、娘の将来を守るために再び殺し屋として最後の任務を遂行する姿を描くこの作品は、女性版『ジョン・ウィック:チャプター2』とも言える作品になるという。

スウェトナムは以前、『イントゥ・ザ・ストーム』 『ステップ・アップ5:アルティメット』などの脚本を手掛けており、2015年作『ブレイキング・スルー』では脚本のみならず監督も務めていた。

「ワイマラナー・リパブリック・ピクチャーズ」製作『ロスト・バケーション』のプロデューサー陣であるマッティ・レシャム、リン・ハリス、トリップ・ヴィンソン、ペイトン監督のプロデューサーパートナーである「ASAPエンターテイメント」のジェフ・フィアーソンがプロデュース、タラ・ファーニーがエグゼクティブ・プロデューサーを務める。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top