【特別映像】“通辞”浅野忠信、流暢な英語で宣教師に迫る! 『沈黙』

映画

『沈黙-サイレンス-』(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
  • 『沈黙-サイレンス-』(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
  • 『沈黙-サイレンス-』(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
  • 『沈黙-サイレンス-』(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
  • 『沈黙-サイレンス-』(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
1月21日より公開中のマーティン・スコセッシ監督作『沈黙-サイレンス-』。この度、本作の観客動員が60万人を突破、興収も7億円越えを達成しロングラン上映が決定。さらにこれを受けて、本編映像が到着した。

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは――?

本作は、世界20か国以上で翻訳され、いまも読み継がれる遠藤周作の名作「沈黙」が原作。そんな「沈黙」と出会ってから28年、スコセッシ監督が映画化を願い続け実現に至った本作は、第89回アカデミー賞「撮影賞」(ロドリゴ・プリエト)にノミネートされるなど、世界から高い評価を獲得している。

また主演には、アカデミー賞「主演男優賞」にノミネートされたアンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソンらハリウッドで活躍する俳優に加え、窪塚洋介、浅野忠信、塚本晋也、イッセー尾形、小松菜奈、加瀬亮ら日本人キャストも参加。人間の強さ、弱さとは? 信じることとは? そして、生きることの意味とは? 「人間にとって本当に大切なことは何か?」を問いかけている。

このほど公開された映像は、幕府に捕らわれ投獄されたアンドリュー演じる宣教師ロドリゴの前に、浅野さん演じる通辞が現れ、流暢な英語で棄教を迫るシーン。


間もなく始まる尋問に備え、誤解が生じないよう通訳を担当すると自己紹介した通辞は、宣教師たちの態度を批判し、「我々には、我々の宗教がある」と文化の相違を説く。そしてこのシーンの後、ロドリゴは究極の選択を迫られ、物語は静かにクライマックスへと突き進んでく。人々を救うために棄教するのか、それとも信念を貫いて殉教するのか――。ぜひ大画面のスクリーンで確認してみて。

『沈黙-サイレンス-』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top