高畑充希、夢診断の結果はドM!?「嫌だなあ」と苦笑い

最新ニュース

高畑充希『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 高畑充希『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 高畑充希&江口洋介&満島真之介『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 江口洋介『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 満島真之介『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 前野朋哉『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 古田新太『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 高橋英樹『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
  • 神山健治監督『ひるね姫~知らないワタシの物語~』完成披露舞台挨拶
ふたつの世界が交差するアニメーション映画『ひるね姫~知らないワタシの物語~』の完成披露舞台挨拶が2月27日(月)、丸の内ピカデリーにて行われ、声の出演を務めた高畑充希、満島真之介、江口洋介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、神山健治監督が登壇した。最近見た印象に残った夢の診断をされた登壇陣。高畑さんは「自虐的で撃たれ強い」という結果を受けると、「どMってことですか? その通りで、割と打たれても次の日、寝ると忘れると思います。どMなのかなあ? でも、嫌だなあ」と思い当たるふしがあるのか、苦笑いを浮かべていた。

『ひるね姫~知らないワタシの物語~』は、2020年の夏、東京オリンピックの3日前に起きた家族の事件を描くアニメーション。岡山県倉敷市で父親と2人暮らしをしている森川ココネ(声・高畑さん)が、得意技である昼寝を武器に、夢とリアルをまたいだ不思議な旅に出る。これまで『東のエデン』、『攻殻機動隊 S.A.C.』など重厚な世界設定を構築してきた神山監督の最新作となる。

アフレコのときに江口さんに会えなかったという高畑さんは、「映画の中では、ちょっと家族風な感じですけど、今日初めてお会いしたりして。声優って恐ろしい仕事だなって思いましたけど、楽しかったです」と微笑むと、腑に落ちないところがあったらしい満島さんが、「僕は実は(高畑さんと)一緒にやっているのに、いなかったことになっていて…少し寂しい気持ちになった…」と落ち込んだ素ぶりをみせ、高畑さんに「ごめんなさい(笑)!」と謝罪されていた。そして、本作で声優初挑戦になった江口さんも苦労をしたと話す中、古田さんは「散々声優はやってきているんで、ちょちょいのちょいです(笑)」と、かました。

一方、ベテラン俳優の高橋さんは、声優の仕事は3本目だという。「これまでは怪物、馬、初めて人間の役で非常に楽しくやらせていただきました」と言いながらも、神山監督については、「おとなしく、ねちねちと注文が多いタイプで。いろいろやってみて、かなりしつこいご指導をされました。長いこと芸能生活をやっていますけど、上位5人に入る監督…」と演出面での秘話を明かし、芸達者なトークで登壇陣の笑いを誘っていた。

『ひるね姫~知らないワタシの物語~』は3月18日(土)より全国にて公開。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top