永野芽郁、初主演映画のお披露目で感涙!「不安や葛藤もあった」

最新ニュース

『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 三浦翔平/『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 白濱亜嵐/『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 永野芽郁/『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 山本舞香/『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 永野芽郁/『ひるなかの流星』完成披露試写会
  • 『ひるなかの流星』完成披露試写会
女優の永野芽郁が3月2日(木)、都内で行われた主演作『ひるなかの流星』の完成披露試写会に登壇。最後の挨拶でマイクを握ると「あぁ、泣けてくる…。私にとって初めての主演作がこの作品で良かったです」と思わず感涙した。

“初恋のバイブル”として知られ、累計発行部数212万部を突破したやまもり三香の人気コミックを映画化。家族の事情で、田舎から東京に越してきた高校1年生の与謝野すずめ(永野さん)が、恋心を抱く担任教師の獅子尾先生、自分に告白してきたクラスメイト・馬村との間で、乙女心を揺れ動かす青春ラブストーリー。

本作の主演をオーディションで勝ち取った永野さんは、「自分に座長が務まるわけがないと、不安や葛藤もありましたが、いまできることを自分なりに頑張ろうと思った」と思いを告白。「ボーっとしている部分もあるけど、何事にも一生懸命なところは共感できる」と演じたヒロインとの共通点を語っていた。

舞台挨拶には永野さんをはじめ、獅子尾を演じる三浦翔平、馬村役の白濱亜嵐(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、クラスメイト役の山本舞香、新城毅彦監督が出席した。

教師という立場ゆえ、すずめの思いを受け止めきれない難役に挑んだ三浦さんは「教師役ですし、大人の余裕や、葛藤も表現するのがすごく難しかった」と役作りにコメント。一方、高校生を演じた白濱さんは「もう23歳ですし、制服姿がイケるかなと…。でも脚本を読んで、すてきな作品なので、ぜひ演じたいと思った」と照れくさそうな表情だった。

舞台挨拶では、ヒロインの“究極の選択”にちなみ、登壇者が「もし自分の好きな相手に、ほかに好きな人がいたら?」「もし自分の恋人の誕生日に、尊敬する先輩から食事に誘われたら?」といった質問に二択で回答し、持論を交わしていた。

『ひるなかの流星』は2017年3月24日(金)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top