黒木華&Cocco&岩井俊二監督、昨秋急死したりりィとの思い出を語る

最新ニュース

『リップヴァンウィンクルの花嫁』プレミアム上映会
  • 『リップヴァンウィンクルの花嫁』プレミアム上映会
  • 『リップヴァンウィンクルの花嫁』プレミアム上映会
  • 『リップヴァンウィンクルの花嫁』プレミアム上映会
  • 『リップヴァンウィンクルの花嫁』プレミアム上映会
  • 『リップヴァンウィンクルの花嫁』プレミアム上映会
  • 『リップヴァンウィンクルの花嫁』プレミアム上映会
映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』が公開から1年を経て、日本映画専門チャンネルにて初放送されることになり、これを記念し3月7日(火)にプレミアム上映会が開催。岩井俊二監督、主演の黒木華、共演のCoccoが舞台挨拶に登壇した。

夫と離婚し、住む家も失った七海(黒木さん)は“何でも屋”の紹介で結婚式への代理出席のバイトを始める。そこで、不思議な魅力を持つ真白(Coccoさん)と出会い、ひょんなことから二人は奇妙な共同生活を始めることになるが…。

上映が終わり、岩井監督らが登壇すると、満員の観客はスタンディングオベーション! 中には映画公開時に配られた、劇中にも登場する“猫冠”をかぶったファンも!

岩井監督はこの光景に「本当に愛された作品なんだなぁ…と。真白じゃないけど、『受け止めきれずに壊れそう』です」と感激を口にした。

黒木さんは、改めて本作に参加しての感想を問われ「幸せだったなぁって思います。Coccoさんにも岩井さんにも出会えて。最初は泣いているシーンが多くてつらい場面ばかりだったけど、いまふり返ると楽しい思い出しかないです。いろんな感情を引き出してもらえたと思いますし、感無量です」としみじみと語った。

Coccoさんは「最初に完成披露試写会で観たときは、七海が出てきても『あ、華ちゃんだ』と思ったし、真白が出てきても『自分だ』って感じだったけど、1年経って、『七海だ』『真白だ』と思えて、映画が歩いている証拠だなと感じます」と嬉しそうに語った。

岩井監督は、思い出深いシーンとして「草むらを自転車で走る」という何気ないシーンを挙げたが、Coccoさんも同シーンについて「何気ない風景が思い出深くて、帰りのロケバスで歌ってたら、それが『花も咲いたよな』という曲につながった」と明かす。

真白の母親を演じたりりィは昨年11月にこの世を去ったが、岩井監督は以前から「いつか仕事をしたい」と思っていたそうで「(今回は)撮影は短かったけど、次の企画もあった」と次回作への出演をオファーするつもりだったと明かす。黒木さんは、現場で対面したりりィさんについて「神々しかったです。この人から、真白が生まれたんだと七海の心にガツンと来る芝居でした。もっとご一緒したかった。出会いって、すごく大きなものだなと感じます」と語った。Coccoさんは、りりィさんが、シンガーソングライターでもあったことに触れ「シンガーソングライターがこんな役者になれるんだという希望の光でした。華ちゃんが言ったように、神々しく、星のようでした」と語り、それぞれにその死を悼んだ。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』は日本映画専門チャンネルにて3月26日(日)にTV初放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top