忽那汐里、オスカー女優に感謝「すごく刺激を受けた」

最新ニュース

忽那汐里、伊藤淳史、木村多江/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 忽那汐里、伊藤淳史、木村多江/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 忽那汐里、伊藤淳史、木村多江/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 伊藤淳史/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 伊藤淳史/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 忽那汐里/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 忽那汐里/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
  • 木村多江/映画『ねこあつめの家』完成披露試写会
映画『ねこあつめの家』の完成披露試写会が3月9日(木)、都内にて開催され、主演の伊藤淳史、忽那汐里、木村多江、蔵方政俊監督が登壇。忽那さんが、米女優のヴィオラ・デイヴィスが米アカデミー賞助演女優賞を受賞した『Fences』(原題)から刺激を受けたエピソードを明かした。

『ねこあつめの家』は、2014年にリリースされたスマホ向けゲームアプリ「ねこあつめ」の実写映画化。新人賞を受賞して脚光を浴びるも大スランプ中の小説家・佐久本勝(伊藤さん)は、占い師から予言を受け、おかしな不動産屋の勧めで、片田舎の古民家に移り住んだ。場所は変われど暮らしは一向に上向く様子がなく、途方に暮れて縁側を眺めていると、1匹の猫がやってくるも庭から出て行ってしまう。佐久本は、どうしても猫が気になり、ペットショップの店主・洋子(木村さん)からアドバイスを受け庭作りを始める。

3月9日は「ありがとうの日」といい、トークでは、誰に感謝を伝えたいかが話題にあがった。忽那さんは、「今回、アカデミー賞で助演女優賞を受賞されたヴィオラ・デイヴィスさんという女優さんがいるのですが、彼女が今回受賞された作品を観て、久しぶりに、何てものを観てしまったのだろうと思ってしまいました」「すごく刺激を受けました。『本当にありがとうございます』と思います」と、作品から刺激を受けたことを告白。「みなさんも機会があったら観て下さい」と観客にも勧め、同作品から受けた刺激の強さを伺わせた。

同じ質問に、伊藤さんは「両親ですかね」と回答。「一昨年に家族が増えて」と語り始め、2015年に第1子となる女児が誕生したことを紹介。「自分が親になって、幸せをいっぱいもらっているのですが、大変なことも同じだけあるといいますか」とふり返った。そんな生活の中で「親ってすごいのだな」と改めて感じたそうで、両親に対して「自分が親になって感じた新しい感謝の気持ち」が湧いていることを明かした。

木村さんも「家族ですかね」とにっこり。「家族がいる以上、妻の役割、母の役割をしていかなければならないのですが」とするも、「仕事を優先しなければいけないときがあったりするのですが、それを家族みんながフォローをして、助けてくれて。だからいまこうしてこういう場に立っていられるのだなと思いますので、家族には本当に感謝です」とコメント。また、「母も本当によく手伝ってくれ、(母が)いないと仕事ができませんので」と母親への感謝も言葉にした。

『ねこあつめの家』は4月8日(土)より、全国公開。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top