新海誠監督が『君の名は。』の真実を初めて明かす…「3・11 7年目の真実」

最新ニュース

新海誠監督「3・11 7年目の真実」(C)TBS
  • 新海誠監督「3・11 7年目の真実」(C)TBS
  • 「3・11 7年目の真実」(C)TBS
東日本大震災の発生から7年目に入る3月11日(土)、TBSでは「3・11 7年目の真実」を放送することが決定。社会現象となった大ヒット映画『君の名は。』の新海誠監督が、膳場貴子キャスター思いを語る。

東日本大震災が発生した4か月後に、被災地を自分の足で歩き「1枚の絵」を描いている新海監督。番組ではそれから6年が過ぎ、今月初めにもう一度同じ場所を訪ねた新海監督が、「いままではどこにも話せなかったこと」を膳場キャスターに語る。

そのほか、東日本大震災から7年目を迎えるいま、被災地の様々な真実を検証。原発事故の影響がいまも続く「福島第一原発沖の海」はどうなっているのかを調査し、津波で児童74人、教職員10人が犠牲となった宮城県石巻市立大川小学校で教員だった父親を亡くした 大学生や、小学校6年生のときに母親を亡くした少年の現在を追う。

さらに、地震が発生した午後2時46分、東京で行われる追悼式、被災地の岩手、宮城、福島から中継で人々の祈る姿を放送。昨年4月に熊本で震度7の直下型地震が起きたのも記憶に新しいが、もし首都直下で地震が起きたら…自分や家族は守れるのか? 首都機能は維持できるのか? 東日本大震災の教訓は生かされているのか? を総力取材で検証。エンディングでは、東日本大震災を経験した子どもたちは、それをどう乗り越え、どこへ歩み出そうとしているのかといった“子どもたち”に焦点を当てていく。

「3・11 7年目の真実」は3月11日(土)14時~TBSにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top