星野源が前科者に!? WOWOWドラマ初主演は「最もだらしなくてダメな人」

最新ニュース

WOWOW「連続ドラマW プラージュ」
  • WOWOW「連続ドラマW プラージュ」
  • 「プラージュ」誉田哲也(幻冬舎刊)
星野源が、訳ありの者ばかりが住むシェアハウスを巡る再生の物語「プラージュ」にて、WOWOW連続ドラマW初主演を務めることが決定。覚せい剤に手を出し、“前科者”になってしまった男を演じることが分かった。

32歳、旅行代理店の冴えない営業マン・貴生(星野源)は、仕事で失敗続きのうえに好きだった女子にも相手にされず、憂さ晴らしに出かけた先で、よくわからないまま打たれた覚せい剤使用で逮捕されてしまった。当然、会社も解雇。挙げ句、住んでいた部屋が火事に…。執行猶予中の身で借りられる物件など、そうそうあるわけもなく、「ここで駄目ならほかに行くところなんかないよ」と連れて行かれたのは、「プラージュ」という名の1階がカフェになっているシェアハウスだった。

「基本家賃は5万、掃除は交代制、個室の仕切りはカーテンのみ、ただし美味しい食事つき」。再就職が決まるまで、と軽い気持ちで住みはじめた貴生だったが、“訳あり”の住人たちが起こすさまざまな騒動に巻き込まれていき…。

ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」やその主題歌「恋」、ベストセラー小説のアニメ映画化『夜は短し歩けよ乙女』などで人気沸騰中の才人・星野さんが、次に挑むのは、なんと前科者役! 本人いわく「自分が演じる登場人物史上、最もだらしなくて好きになれない役(笑)」と語りながらWOWOWの連続ドラマWに初主演を果たす。

物語の舞台となるのは、さまざまな過去を背負い、居場所を失った厄介者たちが何かに引き寄せられたかのように集まるシェアハウス「プラージュ」。笑顔と賑やかな音楽の裏で、住人たちのさまざまな哀しみや痛みが交錯していく。不器用ながらも懸命に生きて行こうとしている住人たちに、やがて過去からの逃れられない黒い影が忍び寄る。

原作は、「ストロベリーナイト」「武士道シックスティーン」「増山超能力師事務所」など、映像化が相次ぐ人気作家・誉田哲也。人は、定められた刑期を終えれば、かつてと同じように生きていけるのか、それとも社会の片隅でひっそり暮らすしかないのか。観る者に真の償いと赦しの意味を優しく問う、涙ありユーモアありのエンターテインメントミステリー。

主人公・吉村貴生を演じる星野さんは、「脚本を読んでいるときも『この人苦手だなあ』と声に出しながら読んでいました」という。「でも、3話あたりからやっとその魅力がわかるようになり、妙に好きになってきている自分がいます。不思議な役だと思います」と役柄を語る。「心に秘密や傷を抱えた登場人物がたくさん出てきますが、それぞれどうしようもなく人間的で魅力的で素敵だと思いました。シリアスさの中にもユーモアがあって、とても面白い作品だと感じました」と物語にもすっかり魅せられた様子だ。

また、監督を務めるのは、連続ドラマW「ヒトリシズカ」や映画『キトキト!』『バースデーカード』などで知られる吉田康弘。星野さんの印象を、「ミュージシャンとしてのご活躍はよく存じ上げておりますし、穏やかで優しそうな雰囲気は…あまりいい言い方ではないかもしれませんが、(前科者となる)主人公の貴生にぴったりかなと」と絶賛。「不安といえば、直前のドラマとテーマソングがメガヒットだったじゃないですか。その影響で忙しくなり過ぎて、出演していただけないんじゃないかと、勝手にヒヤヒヤしてました」との心配も明かしてくれた。

そして原作の誉田さんも、「以前からご一緒したいと思っていた星野源さんに、貴生を演じてもらうことができ、大変嬉しく思っています。貴生の言葉を通して、視聴者に問いかけることができるメッセージがたくさんあります。星野さんが持ってらっしゃる誠実さや愛嬌が、貴生と融合すれば、きっと素晴らしいものになると確信しております」と、星野さんのキャラクターに太鼓判。

「社会派としての『重み』と、星野源さんを主演にお迎えした『強み』『面白み』を活かして、スタッフ・俳優の全員で力を合わせて挑みます。目の肥えたWOWOW視聴者の皆さんを唸らせるような快作ドラマに仕上げますので、どうぞ楽しみに待っていて下さい」とメッセージを贈っている。

連続ドラマW「プラージュ」は今夏、毎週土曜22時~放送(全5話予定) ※第1話無料放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top