【USJ】3年連続!年間入場者数が“過去最高記録”を更新

最新ニュース

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
  • 「やり過ぎ限界突破の1年 開幕宣言セレモニー」
春休みに入って本格的な集客シーズンに突入したユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、3月17日(金)、2016年度の入場者数が1,390万人に達して、年間の入場者数の過去最高記録を3年連続で更新した(2014年度入場者数1,270万人、2015年度入場者数1,390万人)。

その記録を達成した同日、記録達成の瞬間には年間入場者数の記録達成アナウンスが流れ、ファンファーレが鳴り響くとエルモ、スヌーピーをはじめ、ミニオンなどパークの人気キャラクターとクルーが、大勢のゲストへ感謝の気持ちを伝達。来場ゲストと一緒に紙吹雪を投げ、記念すべき瞬間を盛大にお祝い。パーク中が華やかな祝福ムードに包まれた。

記念すべき瞬間に立ち会ったゲストは、「15周年のパークは本当に“やり過ぎ”で楽しかった、パレードが好きで毎月来ていました」(愛知県在住20代の女性)、「『ミニオン・パーク』が楽しみ。パークはダイナミックでワクワクがあふれていてすばらしい。今日はパレードが楽しみです」(石川県在住10代の女性)と満面の笑顔でコメント。ミニオンの仮装をした福岡県から来場したファミリーは、「本当にすごい! ずっと来たいと思っていてやっと夢がかなった。『ミニオン・パーク』、絶対に来ます!」とパークへの期待感を語った。

また、株式会社ユー・エス・ジェイ村田篤平執行役員オペレーション本部長は、「3年連続で年間入場者数過去最高記録を更新できたのは、大勢のゲストの皆さまにご来場いただいたおかげです」と、パークとクルーを代表して御礼を述べた。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは15周年を迎え、「RE-BOOOOOOOORN(リ・ボーン) さあ、やり過ぎよう、生き返ろう」をテーマに、フライング・コースター「ザ・フライング・ダイナソー」をはじめとする、さまざまな“やり過ぎ”エンターテイメントを展開。今期初めてシーズナル・イベントを実施した「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」も根強い人気を博していて、過去最高の入場者数を記録した。

2017年は“やり過ぎ限界突破”をテーマに掲げ、15周年の“やり過ぎ”体験を超え、さらに同限界を突き抜けて突破する、さまざまなエンターテイメントを続々と仕掛けていく。4月21日(金)にはミニオン・エリア「ミニオン・パーク」、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」に、かつてないスケールの壮大なナイトショーが登場する。

画像提供:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

(C)&(R) Universal Studios. All rights reserved.
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top