TOHOシネマズ、「Hareza(ハレザ)池袋」に2020年夏オープン予定

最新ニュース

「Hareza(ハレザ)池袋」建物低層部イメージ)
  • 「Hareza(ハレザ)池袋」建物低層部イメージ)
  • 「Hareza(ハレザ)池袋」エリアは上図赤枠線
東京・池袋に新設される「Hareza(ハレザ)池袋」内に、TOHOシネマズ池袋(仮称)が2020年夏にオープン予定であることが発表された。

「Hareza(ハレザ)池袋」とは、豊島区庁舎跡地及び豊島公会堂跡地の再開発として建設される新ホール棟やオフィス棟、新区民センター(仮称)、中池袋公園を加えたエリアのこと。豊島区が掲げる「国際アート・カルチャー都市」のシンボルとして多様な文化を発信することを目指し、ミュージカルや伝統芸能を公演するホールやアニメやサブカルチャーを楽しめる空間など、個性の異なる8つの劇場を備えた施設になるという。

その劇場空間のひとつとして、TOHOシネマズ株式会社が「Hareza(ハレザ)池袋」内のオフィス棟に、10スクリーン、約1,700席のシネマコンプレックスの出店を発表。非日常的な空間を体験できる施設に最新設備を導入し、ハリウッドの大作をはじめ、アニメ作品や邦画作品、単館系と呼ばれるアート作品など、バラエティに富んだ映画を上映するという。さらにコンサートや演劇、スポーツのライブビューイング(生中継)などの非映画コンテンツにも、積極的に取り組むようだ。

最近では、アニメや2.5次元舞台作品などのジャパニーズカルチャーコンテンツの発信地としても注目を集める都市・池袋。ここに、新たに誕生するカルチャー拠点に期待が高まる。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top