岡田准一、小栗旬との12年ぶり共演に歓喜「2人で抱き合いたい気持ち」

最新ニュース

映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 小栗旬/映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 長澤まさみ/映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 木村大作/映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 吉岡秀隆/映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 木村文乃/映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
  • 柄本佑/映画『追憶』の完成披露舞台挨拶
映画『追憶』の完成披露舞台挨拶が4月4日(火)、都内にて開催され、主演の岡田准一、共演の小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、降旗康男監督、木村大作(撮影)が出席した。

同作は、『鉄道員(ぽっぽや)』を手掛けた降旗監督と撮影の木村さんが『憑神』以来9年ぶりにタッグを組んだヒューマンサスペンス。幼少期をともに過ごした幼なじみの3人が、刑事、容疑者、被害者という形で25年ぶりに顔を合わせることから物語が展開する。刑事の四方篤を岡田さんが、容疑者の田所啓太を小栗さんが、被害者の川端悟を柄本さんが演じる。

トークでは、同作で、岡田さんと小栗さんの映画初共演、ドラマを含めると12年ぶりの共演が実現したとMCから紹介された。

岡田さんは、「お互いに主演をやることが多くなっているので、あまり会えなくなってしまったと言いますか」としみじみと語り、「その中で、降旗さんとか、大作さんとかに、こういう作品で2人を呼んでいただけるというのは、なにか、2人で抱き合いたい気持ちと言いますか。『こういう作品で会えるのはほんとうに幸せだね』ということをずっと話していたことを覚えています」と語った。

小栗さんも、岡田さんとの共演を「嬉しかったです」と回顧。「ずっと『何かで一緒に共演しようよ』と言ってきて、こういう形で会えて、ほんとうに幸せでした」とふり返った。

そんな小栗さんは、トークの中で、「なんと言ったって、うちは座長が“屋久杉”だからね」と岡田さんのことを“屋久杉”と表現。柄本さんが「岡田准一を形容する一番の言葉が“屋久杉”に決まりました。芯が強くて、幹も太い、地に足がついて」と、小栗さんと柄本さんが、岡田さんを形容する言葉を考えて“屋久杉”にたどり着いたというエピソードを紹介した。

岡田さんは「“屋久杉”ですか…」と驚き半分、関心半分のような表情で声に出していたが、柄本さんが「自然界のものでは、“空、海、岡田准一”という」などとノリノリでトークを繰り出すと、岡田さんは「いま、わかったけど、2人とも俺のことバカにしているだろ(笑)?」とツッコミを入れた。小栗さんと柄本さんは、「ぜんぜんしていない!」、「ほんとうに敬意を込めて!」と必死に弁解。

岡田さんは「長澤さんは昔から、僕と会うと、『神!』って言うのですよ」と、長澤さんが岡田さんのことを「神」と呼んでいるエピソードを明かしていたが、そんな長澤さんも、「賛成です。“屋久杉”です」と、岡田さんを形容する言葉として“屋久杉”に同意。岡田さんは苦笑いを浮かべていたが、一連のやり取りが会場を笑いの渦に落とし入れた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top