ジョン・ボン・ジョヴィ、気管支炎でN.Y.公演延期

最新ニュース

ジョン・ボン・ジョヴィ
  • ジョン・ボン・ジョヴィ
  • ジョン・ボン・ジョヴィ-(C)Getty Images
  • ジョン・ボン・ジョヴィ&レディ・ガガ-(C)Getty Images
  • ジョン・ボン・ジョヴィ-(C)Getty Images
  • ジョン・ボン・ジョヴィ-(C)Getty Images
  • ジョン・ボン・ジョヴィ-(C)Getty Images
  • ジョン・ボン・ジョヴィ
ジョン・ボン・ジョヴィ(55)が気管支炎を患っているため、今週末に予定されていたボン・ジョヴィのニューヨーク公演が延期されることになった。

6日(現地時間)にマディソンスクエア・ガーデンで開催されるはずだった一連の公演が延期されると発表され、同バンドの代理人は「Billboard」誌に「難しい決断でしたが、バンドはボン・ジョヴィが知られているようなフルで力いっぱいのパフォーマンスをしたいと考え、このような決断に至りました」とコメントしている。

4月7日の公演は4月13日(現地時間)に、8日分は15日(現地時間)へ切り替えることができるようだ。

また、ジョンは1週間以上気管支炎に悩まされており、パフォーマンス中に高音を出すのに苦労していたうえに、ペンシルベニア州のピッツバーグでの公演を予定されていた時間より約1時間早く終了させており、今回のニューヨーク公演が延期となる前兆は見えていたようだ。

ピッツバーグ公演の際にはジョンは観客に向かって、「俺は今夜かなりクソみたいに歌っていると思うんだ。申し訳ない。でも、続行するし、俺に最後までついてきてくれるなら、俺もおまえらについていくよ」と呼び掛けていた。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top