“自称”人見知りの多部未華子、共演者らに「よくしゃべる」とバラされ苦笑い

最新ニュース

多部未華子/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • 多部未華子/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • 上地雄輔/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • 片瀬那奈/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • 多部未華子/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • 新津ちせ/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • 倍賞美津子/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
  • 高橋克典/ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」会見
古都鎌倉を舞台におくるドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」の会見が4月11日(火)、都内にて行われ、出演する多部未華子らが登壇した。自称・人見知りの多部さんだが、上地雄輔に「多部ちゃんは、人見知りと言っていますが、すごくよくしゃべります」と暴露されたものの、かたくなに「本当に人見知りであまりしゃべらない…」と反論した。しかし、さらに上地さんに「自分だけがそう言っています」と言われた上、片瀬那奈にも「しゃべる、しゃべる」と応戦され、最終的に苦笑いで受け入れていた。

小川糸原作の「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」は、8年ぶりに故郷の鎌倉に戻った鳩子(多部さん)が、亡き祖母からツバキ文具店を受け継ぐことになる物語。実は、文具店とは名ばかりで、本業は手紙を一から考える、美しい文字を代筆する代書屋だった。作品を通して、手紙がもたらす縁や幸せという魅力と、主人公・鳩子の成長を描いている。

人見知りのくだりからも伝わるように、和気あいあいとした温かい現場の本作。上地さんは、「役でボーダーを着ているんですが、僕の撮影の日はスタッフさんがボーダーを着てくださるんです。照明チームの方も着ていて“ありがとうございます”と言ったら“何が?”って…」と、中には、ただボーダーを着ている人もいたようだ。だが、「意識してボーダーを着ている人もたくさんいるから、優しいなって思います」と、上地さんは前向きに受け止めていた。

本作では、手紙が重要なモチ-フとして登場する。普段から手紙を書くかと尋ねられた多部さんは、「中学生の頃にお世話になっていた担任の先生に、大学生になってすぐに手紙を書いたんです。封までして住所も聞いたのに、結局恥ずかしくて出せませんでした。いまも家にあると思います」と、いじらしいエピソードを披露。多部さんの話を受けて、江波杏子は、「多部さん、いい話だった。そういう心のこもったお手紙って」と感激の面持ちを見せていた。

そのほか、会見には、高橋克典、新津ちせ、奥田瑛二、倍賞美津子が出席した。

ドラマ10「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」は4月14日(金)22時よりNHK総合にて放送開始。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

特集

page top