世界5か国でリメイクの感動作!オマール・シー主演『あしたは最高のはじまり』公開へ

映画

『あしたは最高のはじまり』 PHOTO : Julien PANIE
  • 『あしたは最高のはじまり』 PHOTO : Julien PANIE
  • 『あしたは最高のはじまり』 PHOTO : Julien PANIE
  • 『あしたは最高のはじまり』 PHOTO : Julien PANIE
日本でも大ヒットした『最強のふたり』で知られる、フランス好感度NO.1スターのオマール・シーの主演作『Demain Tout Commence』が、『あしたは最高のはじまり』として9月9日(土)より全国にて公開されることが決定した。

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし、それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニー。8年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが再び現れる――。

本国フランスでは2016年12月に公開されると、『モアナと伝説の海』に続き初登場2位という好スタートを切り、8週連続トップ10入り、2016年公開作としてはNo.2のヒット作となった本作。『最強のふたり』では、脊髄まひの大富豪の介護に奮闘し、友情を育んでいたオマール・シーが、今度は子育てに奮闘!? 南仏の自由気ままなプレイボーイが突然、赤ちゃんを引き取ることになり、異国の地ロンドンでゲイの友人と“男手2つ”で子育てをしていくことになるが、父娘はいつしか“最高の相棒”となり、最強の絆が生まれていく。

その感動はヨーロッパ全土に広まり、ロシア、オランダ、ドイツ、ベルギー、スイスで大ヒット。全米で異例の大ヒットを記録したメキシコ生まれのコメディ『Instruction Not Included』(原題)が原案となっており、フランス版の本作ほか、アメリカ、ブラジル、中国、トルコなどリメイクが決定。型破りな父娘の絆が、世界中を夢中にさせている。

『あしたは最高のはじまり』として9月9日(土)より角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレスほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top