【予告編】“地球外生命体”が希望を砕く…J・ギレンホール&R・レイノルズ『ライフ』

映画

『ライフ』
  • 『ライフ』
  • 『ライフ』
  • ライアン・レイノルズ-(C)Getty Images
  • ジェイク・ギレンホール - (C) Getty Images
  • 真田広之 Getty Images
ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、レベッカ・ファーガソン、真田広之と豪華キャスト共演で贈る『ライフ』。この度、本作の日本版予告編と、キャッチコピーに不気味な血痕が付着したポスタービジュアルが到着した。

火星で採取した“地球外生命体”の細胞を、国際宇宙ステーション内で極秘調査するために、世界各国から集められた6人の宇宙飛行士たち。しかし、次第に進化・成長し、高い頭脳を持つ“それ”を前に、宇宙飛行士たちの関係も狂い始め、命も奪われていく。最後に生き残る“ライフ”は――。

本作は、未知なる生命体を調査している宇宙飛行士6人が、無重力の宇宙船内で直面する恐怖と死闘を描いたSF無重力ホラー。宇宙飛行士のメンバーには、『デッドプール』で世界的人気を博したライアン、『エベレスト3D』のジェイク、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のレベッカ、そして日本が誇るハリウッドスター・真田さんという豪華キャストが集結。

「地球外生命体が存在できるかもしれない環境をほかの星で見つけた」と先日、NASAがとんでもない大発見を発表したばかりであるが、本作ではまさにその地球外生命体が見つかったところから始まる。その地球外生命体が成長と共に人間を襲うようになり…というフィクションであるが、それ以外のISS国際宇宙ステーション、彼らの宇宙服をはじめ無重力空間の設定などは原寸大のまま、99.9%リアルを描いている。

公開された予告編では、火星で発見された“未知なる生命体”の神秘的な様子から始まる。その美しさに魅了される6人の宇宙飛行士たちだったが、しかし次の瞬間、進化を遂げて変形した生命体に突如襲われた乗組員が、見るも無惨に指を砕かれて悲鳴を上げるショッキングなシーンが映し出される。そして、次々と宇宙飛行士たちに襲いかかり、人類の希望を砕いていく…。果たして、彼らは無事生き残ることができるのか? 地球に到達するのは、人類と未知の生命体、どちらの“命”(ライフ)なのか…? 


なお、4月28日(金)より「火星で発見された<ライフ(生命体)>培養シャーレ」特典付きの前売券ムビチケカードが数量限定販売される。

『ライフ』は7月8日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top