菅田将暉、『帝一の國』クランクアップ時に共演陣に熱いキス!

最新ニュース

菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大/『帝一の國』舞台挨拶
  • 菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大/『帝一の國』舞台挨拶
  • 菅田将暉/『帝一の國』舞台挨拶
  • 菅田将暉/『帝一の國』舞台挨拶
  • 野村周平/『帝一の國』舞台挨拶
  • 竹内涼真/『帝一の國』舞台挨拶
  • 間宮祥太朗/『帝一の國』舞台挨拶
  • 志尊淳/『帝一の國』舞台挨拶
  • 千葉雄大/『帝一の國』舞台挨拶
菅田将暉、野村周平、千葉雄大ら旬の若手キャストが揃って出演する『帝一の國』が4月29日(土・祝)に公開。菅田さん、野村さん、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉さん、永野芽郁、吉田鋼太郎、永井聡監督が舞台挨拶に登壇した。

古屋兎丸の人気漫画を原作に、学園の生徒会長の座をつかむため、智謀と策略を巡らせて熱い戦いを繰り広げる男たちを描く。

菅田さんをはじめ、いまをときめく若手俳優陣が舞台に姿を見せると、会場は黄色い歓声に包まれる。登壇陣は、撮影現場さながらにノリノリのトークを展開! 菅田さんと野村さんは、デビュー当時から互いをよく知る仲ということで、野村さんが「永遠のライバル」と語り「この先10年、20年と頑張らないと。『あの人はいま』とならないように」とこの世代を引っ張っていく“覚悟”を口にすれば、菅田さんも「信頼と安心の野村周平ってところがある」と野村さんへの全幅の信頼を口にし「永遠のライバルでいきましょう!」とニヤリ。

帝一の強敵となる、爽やかで快活な弾を演じた竹内さんは、壇上でも「爽やか専門家。百貨店、上場企業なんで(笑)!」とハイテンションで挨拶し、歓声を浴びる。

志尊さんにはそのキュートな佇まいに客席だけでなく共演陣からも「カワイイ!」と歓声が飛んだが、現場でも志尊さんのかわいらしさに先輩俳優陣たちが身悶えた…? 菅田さんは「最初は、志尊淳が周りに甘えるかと思いきや、みんながだんだん、志尊淳に甘えてた」と証言。間宮さんは「いつになったら抱かせてくれるのかと思ってた」と告白。志尊さんは「祥太朗さんが、現場ですごくイライラしてるときがあって、『どうしたんですか?』と聞いたら『俺は、お前が男に生まれてきたことに腹を立ててる!』って言われました(笑)」と明かし、さらに「周平くんはいつも僕の膝の上で寝てて、ちょっとどこかに行こうとすると『どこ行くの?』って聞いてきて…」と志尊さんを巡って現場はハーレム状態…?

また、この機会に菅田さんに言いたいことを問われると間宮さんは、菅田さんがオールアップのときに待っていたメンバー全員にキスをしたことを暴露し「あれは何だったんだ(笑)?」と詰問。菅田さんは「マウス・トゥ・マウス(笑)」だったと明かし「最初に周平と目が合って、『ありがとう』という気持ちで見たら、自然とキスしてました(笑)。次に祥太朗と目が合って、(野村さんとのキスという)前フリがあったからキスしたら、もう次の千葉くんは(菅田さんのキスを)待ってるんですよ(笑)」とおかしなテンションの中で、全員にキスする流れになったと語る。野村さんは「俺だけディープキスだった」と主張し、千葉さんは「柔らかかったです」とニッコリ。この告白に客席からは悲鳴のような歓声が上がっていた。

最後に登壇陣はひとりずつ、選挙の当選を模したボードの自分の名前の上に花を飾り、映画界のゴールデンウィーク戦線での“勝利”を祈願。菅田さんは最後に「このゴールデンウィーク、日本は僕がいただく!」と宣言し会場は拍手に包まれた。

『帝一の國』は、全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top