木村拓哉、不死身だと思うのは市川海老蔵!「これだけ自由な人いない」

最新ニュース

木村拓哉が4月29日(土・祝)、都内で行われた主演作『無限の住人』の初日舞台挨拶に登壇し、「今日をもって、この作品は客席の皆さんのものになりますので、どうか可愛がっていただければ」と感無量の面持ちだった。

原作は国内外で熱狂的な支持を集め、累計発行部数750万部を突破する沙村広明による同名コミック。妖術によって「死んでも死なない」肉体を手にした伝説の人斬り万次(木村さん)が、親を殺された少女・凜から、仇討ちの用心棒を依頼され、死線を超えた戦いに身を投じるアクションエンターテインメント。

舞台挨拶には木村さんをはじめ、凛を演じる杉咲花、福士蒼汰、市原隼人、戸田恵梨香、満島真之介、市川海老蔵、三池崇史監督が出席した。最強の刺客を演じた福士さんは、「自分の実力以上のものを出せたのは、三池監督や座長である木村さんに支えられたから」と感謝の意。本作のプロモーションに初参加した海老蔵さんは、「先日、新幹線で木村さんにばったり出会って、急に(舞台挨拶に)来ることになりました。木村さんという大スターの魅力に引き寄せられた」と話していた。

主人公の万次が“不死身”だという設定にちなみ、「誰が不死身だと思うか?」と質問されると、木村さんは「はい、海老蔵!」と即答。理由を聞かれると「理由も何も…。でも、常識を備えつつ、これだけ自由な人はいない」と語った。当の海老蔵さんは「監督かなあ。死ななそうじゃん。腐っても歩いていそう」と持論を展開していた。

“死ななそう”な三池監督は、「野獣のような、魅力的なキャストが集まり、1つの現場を進めてくれた。すごい才能の持ち主である皆さんの演技を、撮っている喜びはものすごいし、現場の熱を高めてくれた」と回想。「時代劇で血も多いので、ハードル高いと思いますけど、ものすごく面白い世界が広がっている」とアピールしていた。

『無限の住人』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top