【ドラマニア】本命より注目!? 「二番手男子」がいまアツイ理由

最新ニュース

山崎育三郎&満島真之介&大谷亮平
  • 山崎育三郎&満島真之介&大谷亮平
  • 満島真之介
  • 大谷亮平
  • 山崎育三郎
  • 藤木直人
  • 玉木宏
  • 中村蒼
現在放送中のドラマ「僕、運命の人です」。本作に登場する満島真之介さん演じる定岡光圀がいま、大きな注目を集めているのをご存知ですか?

以前のドラマであれば、主人公のライバルとして登場するキャラクターはどちらかと言うと“恋の邪魔をする”悪役要素を含んでいましたが、昨今このポジションに立つ男性キャラクターに対し「見ていて甲乙付けがたい」「私がヒロインなら彼を選ぶだろう」と視聴者人気が高まってきているのです。また同時に、このような役柄を演じた俳優さんはその後ブレイク必須という伝説も…。

そこで今日は、毎クール全作品をチェックしているドラマニアな筆者が徹底解析! 主人公の恋路に深く関わる二番手男性キャラクターの魅力について、考察していきましょう。

■主人公より“本命”に近い!? 魅力溢れる花沢類ポジション

最初は紳士的で良い人なのに、時間が経つにつれて嫉妬に狂い、主人公たちの恋路を邪魔してしまう――昔であれば、このような二番手キャラクターは最後「自業自得」「ひどいことをしたんだから、フラれて当然」とすんなり負けていましたよね!
しかしながら昨今、私の記憶では恐らく「花より男子」の小栗旬さん辺りからなのですが、恋路の邪魔をすると思いきや、損な役回りを買って出て二人の恋を応援するという“縁の下の力持ち”ポジションを確立。猪突猛進な主人公を優しく見守るお兄さん的立場で、視聴者に「もしあのとき、違う道を選んでいたら…」と別のエンディングを妄想させる余地を残す傾向にあります。

以降、代表的な例を挙げるとするなら「プロポーズ大作戦」「ラスト・シンデレラ」の藤木直人さんや「今日、会社休みます」の玉木宏さんなど人気俳優の皆さんが、実はめちゃくちゃイケているのにフラれてしまうという切ない二番手キャラクターを演じてきました。いずれの作品も最終回放送の後、結末に大きな反響を呼んだ話題作と言えます。

■スピンオフが見たくなる、注目のキャラクターへと進化

また昨今、このような役どころが名バイプレイヤーへの登竜門ではないかという声もちらほら。具体的には、「せいせいするほど、愛してる」の中村蒼さん、「逃げるは恥だが役に立つ」の大谷亮平さん、「突然ですが、明日結婚します」の山崎育三郎さんが3クール連続で世の女性たちのハートを鷲掴みにしています。素直に恋心を伝えることのできない主人公とは対照的に、ヒロインへのアピールはストレート。女性なら誰もが一度は言われてみたい胸キュンワードを炸裂しているはずなのに…最後の最後、なぜかヒロインの背中を見送ってしまうちょっぴり損な役どころを演じています。

そして、この道の最前線を歩いているのが「僕、運命の人です」の満島真之介さんです。人生最大のモテ期に突入しているという設定で、道行く全ての女性が振り返るパーフェクトイケメンを好演。物語の序盤、欠点の無さ具合に「絶対裏がある!」と深読みしていたのですが…なんと、根っからの良い人でした(笑)。ヒロインにフラれて以降、きっぱりさっぱりと諦め、主人公の恋を全力で応援――やや風変りな性格も癖になる!? あまりの爽やかさに、つい心惹かれてしまう方も多いのではないでしょうか。まさにそんなプラスの裏切りが、病み付きの鍵を握っているのかもしれませんね。今後の彼の動向から目が離せないと言えるでしょう。

以上、いかがでしたか?
ドラマのメインストーリーには関わらずとも気になってしまう二番手男性キャラクター、是非最後までチェックしてみてください。
《text:Yuki Watanabe》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top