永野芽郁、山本美月に公開謝罪! 「本当にごめんなさい!!」

最新ニュース

『ピーチガール』女子会舞台挨拶(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』女子会舞台挨拶(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』女子会舞台挨拶(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』女子会舞台挨拶(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』女子会舞台挨拶(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』女子会舞台挨拶(C)2017「ピーチガール」製作委員会
  • 『ピーチガール』女子会舞台挨拶(C)2017「ピーチガール」製作委員会
5月20日より公開中の映画『ピーチガール』。この度、本作の大ヒットを記念して、27日(土)丸の内ピカデリー2にて「女子会舞台挨拶」を実施。ヒロイン・ももを演じた山本美月と、もものクラスメイト・沙絵を演じた永野芽郁が登場した。

本作は、累計発行部数1,300万部を超える、上田美和の同名漫画が原作。物語は、派手なギャル風の外見のせいで周囲から「遊んでる」と誤解されているが、中身は超ピュアな女子高生・安達もも(山本美月)が、チャラいお調子者のカイリ(「Hey! Say! JUMP」伊野尾慧)、ももの片想い相手である硬派なとーじ(真剣佑)の間で揺れ動くという胸キュン青春映画だ。

集まったお客さんに映画大ヒットの感謝の気持ちを込めて、“もも型(ハート型)”のピンクのマシュマロのお菓子を配りながら客席を通って登場した2人。この日は2人の女性ゲストによる、“女子会”舞台挨拶ということで、「いまだから話せるぶっちゃけ話」を展開。事前に募ったお客さんのアンケートを元に、「見た目は派手だけど、中身は超ピュア」なももの“最強ピュアシーン”、ももに異様な敵意を燃やして邪魔ばかりする「見た目は天使だけど、中身は悪魔」な沙絵の“最凶極悪シーン”について、それぞれランキング化して、発表を行っていくことに。

まず、ももの“最強ピュアシーン”第3位には、伊野尾慧演じるカイリの積極的なアプローチに対して、ももが「私の一番になって」とカイリに言うシーンが。第2位には、ももが中学の頃から片想いをしているとーじ(真剣佑)と一緒に神社でお参りをする場面で、「とーじのお嫁さんになれますように」とももが心の中で祈っているシーンが選ばれると、本編ではカットされているものの、山本さんは、ももがお参りをしながら手を合わせてスリスリとしていることから、とーじに「ハエ?」と突っ込まれ場面があったという撮影秘話も飛び出た。

そして第1位にランクインしたのは、「Lポーズ」。すると会場からも「あぁ~!」と納得声が。「Lポーズ」は、カップルになったももととーじが2人だけのヒミツのサインとして、LOVEをもじって親指と人差指でアルファベットの“L”をつくるというもの。そんな「Lポーズ」に関して永野さんは、「女子友だち4人くらいと、授業中にふざけてクラスメイトの男子に対してウインクをいきなりするみたいなことをやってました」というエピソードが披露され、思わず「沙絵じゃん!(笑)」と山本さんがツッコミ。

続いて、沙絵の“最凶極悪シーン”については、ももとカイリのキスを隠し撮りした上にインターネット上に流出させた、「キス動画盗撮&流出事件」が第3位に。そのキスシーンを現場で見ていたという永野さんは撮影時をふり返り、「見ちゃいけないものを見ちゃったという感じでした」と嬉しそう。また2位には、沙絵の策略によって沙絵のモデル仲間のジゴローにスタンガンで気絶させられたももが、気を失っている間にラブホテルのベッドで一緒にジゴローと寝ている写真を撮られ、沙絵がその写真をネタに、ももと別れて自分と付き合うようにとーじを脅迫するという「とーじ脅迫&略奪事件」、第1位にはその事件の一連となるもはや犯罪と言える恐ろしすぎる「ももホテル誘拐事件」が選ばれた。

このランキングについて山本さんは、「もうこの通りのランキングですよね(笑)」と切り出すと、永野さんも「全部最低だと思う。本当にごめんなさい!!」と山本さんに頭を下げて公開謝罪。山本さんは「こんな芽郁ちゃん『ピーチガール』でしか見れないですよ! ありがとうございます!」とコメントしていた。

『ピーチガール』は全国にて公開中。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top