メル・ギブソンにヒュー・ジャックマン、6月はヒゲで魅力万倍の男たちが大活躍!

映画

『ブラッド・ファーザー』(C)Blood Father LLC, 2015
  • 『ブラッド・ファーザー』(C)Blood Father LLC, 2015
  • 『LOGAN/ローガン』 (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『ブラッド・ファーザー』(C)Blood Father LLC, 2015
  • 『ブラッド・ファーザー』(C)Blood Father LLC, 2015
  • 『LOGAN/ローガン』 (C)2017Twentieth Century Fox Film Corporation
  • 『レイルロード・タイガー』
  • 『キング・アーサー』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『キング・アーサー』 (C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED.
昨年のカンヌ映画祭を賑わせた、俳優メル・ギブソンの久々の主演作『ブラッド・ファーザー』。本作では、荒野を舞台にアゴヒゲをもっさりと蓄えた“父”メルの姿が印象的。彼のみならず、6月は、たくましいヒゲ面オヤジが活躍する映画が盛りだくさんだ。

まずは、6月1日より公開されたばかりの『LOGAN/ローガン』。言わずと知れた大人気シリーズ『X-MEN』のスピンオフ作品であり、シリーズで絶大な人気を誇るキャラクター、ウルヴァリンことローガンが主人公。ヒュー・ジャックマンが、自身最後のウルヴァリンを熱演する。

舞台は、2024年のメキシコ国境付近。治癒能力が衰えたローガンと、衰弱しきりテレパシー能力をコントロールできなくなったチャールズことプロフェッサーXが、ひっそりと暮らしているところから始まる。ある日、謎の組織に追われた少女がローガンの目の前に現れる。ローガンは、その少女ローラを守りながら組織に立ち向かうのだが…。シリーズを通してローガンを演じ続けてきたヒューがヒゲを蓄え、最後の最後まで暴れまわる!

続いて、6月3日から公開されるのが、『ブラッド・ファーザー』。監督作『ハクソー・リッジ』が高い評価を受け、完全復活といわれるメルの最新主演作。『マッドマックス』シリーズにて激しいアクションを披露してきたメルが、荒野で演じるのは、トレーラーハウスでひっそりとタトゥー屋を営んでいた元犯罪者のジョン・リンク。

行方知らずとなっていた娘リディアから電話を受け、愛娘との再会に喜ぶのもつかの間、彼女はギャングとのトラブルに巻き込まれ、命を狙われていた。仮釈放中であったジョンは、愛娘を守るため、自分の人生をなげうって、元犯罪者のアウトローのスキルを惜しみなく発揮する。『マッドマックス』『リーサル・ウェポン』にも引けを取らない狂気じみた暴れっぷりに、ヒゲ面がプラスされ、ワイルドさが2倍にも3倍にもパワーアップ!

さらに、6月16日公開『レイルロード・タイガー』では、ジャッキー・チェンもヒゲ面に。日本軍の物資輸送を阻止するための鉄道爆破作戦が、日本軍の物資を盗んでいたマー・ユェン(ジャッキー・チェン)に委ねられる。アゴと口周りにヒゲを生やしたおとぼけ顔ながら、爆走する鉄道の上でジャッキーらしい軽妙なアクションが繰り広げられていく。日本から、俳優・池内博之も参戦。

6月17日公開、『シャーロック・ホームズ』のガイ・リッチー監督の最新作『キング・アーサー』にも、ヒゲを蓄えたスラムの青年アーサーが登場。聖剣エクスカリバーを手にし、父を殺めた暴君と対峙していく。その暴君役をジュード・ロウが務めることでも話題を呼んでいるが、主人公のアーサーを演じるのは、海外ドラマ「サン・オブ・アナーキー」や『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナム。ソフトなアゴヒゲを生やし、9kg増量の肉体改造で剣を振るう姿からは、あふれんばかりの男らしさが漂っている。

ヒゲを蓄えた熱き男たちの生き様を、スクリーンで目撃してみて。

『ブラッド・ファーザー』は6月3日(土)より新宿武蔵野館ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top