高畑充希、民放連ドラ初主演!“究極の箱入り娘”に「過保護のカホコ」

最新ニュース

高畑充希主演「過保護のカホコ」
  • 高畑充希主演「過保護のカホコ」
  • 高畑充希主演「過保護のカホコ」
  • 「過保護のカホコ」黒木瞳
  • 「過保護のカホコ」時任三郎
7月期の日本テレビ新水曜ドラマが、高畑充希が主演を務める「過保護のカホコ」に決定。高畑さんは、超過保護に守られて生きてきた“究極の箱入り娘”の女子大生役で民放ドラマ初主演に挑む。

本作は、21歳にして生活のすべてが親任せ、“純粋培養”の女子大生・カホコが、自分とは正反対の環境で育った1人の青年と出会って成長していくホームドラマ。脚本を、社会現象ドラマ「家政婦のミタ」をはじめ、「女王の教室」『恋妻家宮本』など、数々の話題作を生んできた遊川和彦が手掛けている。

本作が民放連ドラ初主演となる高畑さんは、「カホコは名前の通り、過保護で世間知らずでピュアな、愛しい女の子だと思います。私も1人っ子で両親に守られてきましたが、カホコちゃんとは大違いに育ちました(笑)」と語る。

「私にないものを持っているカホコを演じることで、予想外な発見が沢山あるんじゃないかといまからすごく楽しみです。遊川さんは作品への愛が強い方で、分からないことを尋ねると何でも答えてくださるし、一緒に考えてくださるので安心しています。たくさんのスタッフさんがいて、みんなでイチから作り上げていこうとしているチームの中で主演をやるんだと思うと、ドキドキがどんどん膨らんでいるところです。プレッシャーに負けず、作品への愛を持って楽しく取り組めたら良いなと思っています」と、意気込みを見せている。

本作のポスターでは、いわゆる“プチプチ”の梱包材に「われもの注意」「天地無用」などのシールが貼られた特製ドレスをまとって撮影。“究極の箱入り娘”をイメージさせるビジュアルとなっている。「梱包材でできているので軽いんですけど、空気が通らなくて(笑)。すごく素敵なデザインのドレスで、お気に入りです。撮影の待ち時間には隠れてプチプチと潰していました(笑)」と高畑さん。

また、カホコを溺愛し、娘のすべてを把握していないと気が済まない母・泉には黒木瞳、過保護に育った加穂子の将来を案じながらも厳しくできない父・正高には時任三郎と、両親も注目のキャスト。高畑さんは、「ご一緒できてとてもとてもうれしいです! 黒木さんは以前共演させていただいていて、その後に私の舞台を観に来てくださったので、一方的に親近感を持っています(笑)。時任さんとは、初めてご一緒させていただきます。脚本を読みながら、お2人が演じてくださったら、きっと面白いだろうなと想像してニヤニヤしています」と語り、クランクインを前に楽しみが尽きない様子だ。

「オリジナルの脚本なので、まったく先が読めず、次の展開がいつも楽しみです。毎週観られて展開が早くて、身構えずに気楽に観ているうちに、意外なところで胸がじわっと温まったり心がピリッとしたり。そんな作品になるように、作る側の一員として必死に頑張ります」と、遊川脚本への期待も明かす高畑さん。

黒木さんも、「脚本家の遊川和彦さんが、過保護の親に迫るなんて、興味津々です。過剰な愛の先に何が待っているのか、撮影がいまからとても楽しみです」とコメント。また、日テレのドラマは30年ぶりという時任さんは、「今回『思っていることをなかなか口に出して言うことが出来ないダメな父親の役』ですが、精一杯やらせていただきます」と語る。

「企画を思いついたとき、脚本家の遊川さんと、『いま、日本で一番芝居の上手い若手女優さんとやろう』と決めました」と明かすのは、本作の大平太プロデューサー。「高畑さんが、出演してくれなかったら、この企画はやめてたと思う。実際にお会いして、『彼女なら、素敵なカホコを演じられる!』と確信した。一刻も早く視聴者の方に高畑さんが演じる『僕らの愛する娘』を見て欲しい」と語り、期待を込めてアピールした。

水曜ドラマ「過保護のカホコ」は7月、日本テレビ系にて放送。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top