北乃きい、ドラマ「銀魂」でヒロインに!“ミツバ篇”映像化

最新ニュース

小栗旬が主演を務めるほか、菅田将暉、橋本環奈、岡田将生、柳楽優弥ら豪華キャストが出演することで話題の映画『銀魂』。本作のキャスト・スタッフが集結したオリジナルドラマが「dTV」にて配信されることが先日発表されたが、この度、映像化されるエピソードがファンの間でも高い人気を誇る“ミツバ篇“に決定。ヒロイン・ミツバ役を女優・北乃きいが演じることが分かった。

沖田(吉沢亮)の姉・ミツバ(北乃きい)が貿易商の蔵場当馬との結婚を報告するために真選組屯所を訪れる。休暇を与えられた沖田は、姉と2人きりの時間を過ごすが、弟に友人がいないことを心配する姉を安心させるため、咄嗟にその場を通りかかった銀時(小栗旬)をあろうことか大親友と紹介する。一方、江戸に不審船が出入りしているという情報があり、土方(柳楽優弥)がその捜査にあたるが、事件とミツバには意外な繋がりがあることが判明し…。

映像化が決定したミツバ篇は、江戸の治安を預かる真選組の活躍を描いた「銀魂」随一の感動エピソード。真選組の沖田の姉・ミツバを巡る陰謀と、そこに立ち向かう真選組の活躍が描かれていく。迫力のある殺陣が見どころのアクションシーンに加えて、沖田と土方の確執を生むきっかけになった過去や、互いに想い合いながら別々の道を歩むことになったミツバと土方の悲恋など人間ドラマも織り込まれている。

今回のエピソードの鍵を握るミツバ役を演じるのは、『幸福な食卓』やドラマ「ライフ」などに出演し、その演技力に定評がある北乃さん。おしとやかな性格ながら、チョコレートパフェにタバスコをかける程の辛い物好き女子のミツバ。本作では、病弱なミツバが大げさに咳き込むコミカルなシーンから、言葉ではなく“目”で相手を想う気持ちを表現した土方との別離のシーンまで、振り幅の大きいキャラクターを熱演する。楽しんでミツバ役を演じられたと言う北乃さんは、「台本を読んで、自分が皆さまから愛されているストーリーのヒロインを演じられることに非常に感激しました」と話し、「撮影では、カットがかかって福田監督が笑ってくれた瞬間に、役者としてホッとした記憶が鮮明に残っています。切ない物語の中に銀魂ならではのユーモアが加わったストーリーになっておりますので、ぜひご覧ください」とコメント。

また、主人公・銀時を演じる小栗さんはもちろん、真選組局長・近藤を演じる中村勘九郎、鬼の副長・土方を演じる柳楽さん、ドS隊長・沖田を演じる吉沢亮といった真選組メンバーが総出演。自身もミツバ篇を読んで感動したと言う柳楽さんは、「撮影現場ではアクションシーンでお亮(吉沢さん)が木刀を頭に当ててきた! お亮、恨みでもあるのかい?(笑)」と撮影でのエピソードを明かし、「ミツバ篇の見所は…全部!(笑)ですが沖田との道場でのシーンとアクションは特に見て頂きたいです!」とアピール。一方、吉沢さんは「沖田を演じた僕としては、映画本編で見せることのなかった殺陣のシーンを見て欲しいです」と話し、「撮影現場では殺陣の稽古中に、土方役の柳楽さんの頭を間違えて思いっきり叩いてしまい、生きた心地がしませんでした。柳楽さん、本当にすみませんでした!」とコメント。劇場版とはまた違った「銀魂」を感じたと本作について語る勘九郎さんは、「真選組の仲間達の“絆”が見られるエピソードですので、思いっきりカッコいい真選組を感じてください。 また、劇場版では着ることが少なかった近藤の隊服姿にもご注目ください」と見どころを明かした。

dTVオリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」は7月15日(土)0時~dTVにて全3話一挙配信。

『銀魂』は7月14日(金)より全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top