元「SKE48」桑原みずき、芸能人の地位向上に訴え「連絡が取れず逃げられたこともあった」

最新ニュース

元「SKE48」桑原みずき/「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見
  • 元「SKE48」桑原みずき/「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見
  • 今野悠夫/「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見
  • しほり/「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見
  • 元「SKE48」桑原みずき/「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見
  • 「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見
  • 「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見
芸能人の権利を守る「日本エンターテイナーライツ協会」発足の記者会見が6月9日(金)、都内にて行われた。協会に賛同していると出席した元「SKE48」の桑原みずきは、「いまSKEでなくなったからこそ、肩書きを使いたいという変な大人が寄ってくることもあったり、いい話をちらつかせて最終的に連絡が取れなくなって逃げられたこともありました。仕事を受けたこと自体、後悔しました」と、悩んだ過去を赤裸々に明かした。だからこそ、「そのときに相談できていたらと思うので、こういう団体があれば救える人が多いかなと思います」と、発足への思いを語った。

「日本エンターテイナーライツ協会」は3本の活動内容を掲げている。ひとつ目には「芸能人らの権利を守る」こと、ふたつ目は「芸能人らのセカンドキャリア形成を支援する」こと、3つ目は「芸能人らの地位を向上させる」こと。その背景には、「個」(芸能人)が「組織」(事務所、マスコミ)と向き合うことを支援し、悪徳事務所を減らし、芸能人の私生活を守り、芸能界を健全化することがある。

現在、俳優として活動している今野悠夫は、これまでたくさんの困った声を聞いたと話す。「第一にセクシャルな問題。キャスティングで体の関係を強要して、『僕と寝ると芝居がうまくなる』とか。第二に金銭的なもの。劇場公開作品のメインキャストにも関わらずギャラ、交通費なしということがあります」と、驚きの内部事情を告発。さらに、今野さん自身が関わったという事例を第三の被害とし、「暴力的な背景。些細な意見の食い違いで『お前を殺すぞ』と1週間殺害予告がありました」と、芸能人の地位の向上について訴えた。

佐藤大和弁護士は、「事務所側と対立構造を取りたいのではなく、芸能人側の社会人としての経験・知識を支援して、セカンドキャリアを支援したい」とその旨を説明するも、記者陣からは、「とはいえ、対立にも思える姿勢と事務所側に取られるのは怖くないのか?」という質問が飛んだ。すると、桑原さんは、「にらんできますかね? 正しく生きている人は賛同してくれると思うので、私は全然怖くないです」と堂々と発言していた。

すでに芸能人からの問い合わせが数十件きているとのこと。現在、8月に第1回の勉強会を企画しているほか、今後もセミナーや勉強会を継続的に実施していく予定だ。

そのほか、記者会見には弁護士の望月宣武、向原栄大朗、安井飛鳥、河西邦剛、音楽家のしほりが出席した。
《cinamacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top