アカデミー賞授賞式をボイコットした『セールスマン』出演のイラン人女優が来日

最新ニュース

タラネ・アリドゥスティ『セールスマン』会見
  • タラネ・アリドゥスティ『セールスマン』会見
  • タラネ・アリドゥスティ『セールスマン』会見
  • タラネ・アリドゥスティ『セールスマン』会見
  • タラネ・アリドゥスティ『セールスマン』会見
  • タラネ・アリドゥスティ『セールスマン』会見
  • タラネ・アリドゥスティ『セールスマン』会見
本年度アカデミー賞外国語映画賞に輝いた傑作サスペンス『セールスマン』に出演するイラン人女優のタラネ・アリドゥスティが初来日を果たし、6月9日(金)、東京・千代田区の日本プレスセンターで会見を行った。

イラン映画界の巨匠、アスガー・ファルハディ監督が『別離』に続き、2度目のアカデミー賞外国語映画賞を獲得した本作。しかし、トランプ政権がイラン人などへのビザの発給制限を検討しているとの報道を受けて、監督とタラネは授賞式をボイコットし、世界中の注目を集めた。

「自分が出演した映画が、アカデミー賞に輝くことは非常に光栄。もちろん、授賞式の場にいたかった気持ちはありますが、私たちが欠席したことで、この問題がより注目され、ほかの国の映画人が抗議の声をあげてくれたことのほうが喜ばしい」と現在の思いを語るタラネ。「映画を通して、異文化を知り、交流することこそが大切」と訴えた。

思わぬ理由で転居を余儀なくされたテヘラン暮らしの国語教師エマッドと妻のラナ。2人が参加するアマチュア劇団の仲間に紹介された賃貸物件に引っ越して、わずか数日後、夫の留守中に、ラナは何者かに暴行されてしまう。エマッドは、現場に残された手がかりを頼りに、愛妻を傷つけた犯人を突き止めようとするが、事件を表ざたにすることを拒否するラナとの間で、夫婦の溝が深まっていく。

女性が性犯罪の犠牲になる傾向が強い現状について、タラネは「これはグローバルな問題。法律を厳しくするだけではなく、文化的な側面から、人々の考え方そのものを変える必要がある」と語り、「特に被害を受けた女性側が、自分に“恥”を覚えてしまうということは絶対にあるべきではありません」と熱弁。また、「ネットが発達した時代ですから、疑問について自分でリサーチして情報を得ることは可能。メディアの報道だけを鵜呑みにするのか、自分の手で真実を知るか、私たちは選べる立場にいるのです」と話していた。

『セールスマン』は6月10日(土)よりBunkamura ル・シネマほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top