スターチャンネル「第70回カンヌ国際映画祭」買付作品発表!

最新ニュース

スターチャンネル
  • スターチャンネル
  • クリス・パイン-(C)Getty Images
  • ミシェル・ウィリアムズ-(C)Getty Images
  • クロエ・グレース・モレッツ -(C) Getty Images
  • イザベル・ユペール-(C)Getty Images
  • コリン・ファース-(C)Getty Images
今年5月に開催された「第70回カンヌ国際映画祭」。栄えある最高賞パルムドールにはスウェーデンのリューベン・オストルンド監督の『THE SQUARE』 が輝き、非劇場公開作品も高い評価を得るなど、注目作が揃った今映画祭から7作品をスターチャンネルと東北新社が買い付け。うち3作品が発表された。

劇場公開から間もないハリウッドスタジオの最新作から、映画史に残る不朽の名作、人気の海外ドラマシリーズまで幅広く放送する映画専門チャンネルのスターチャンネル。本チャンネルでは、“映画館でもTVでもスターチャンネルが厳選した良作を”をコンセプトに、「STAR CHANNEL MOVIES」として世界中から良作を厳選してお届けする映画のラインナップ。今回買い付けされた7作品は、「STAR CHANNEL MOVIES」の新作ラインナップとして選出された。

まず1作目は、『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュが監督を務める『All the Old Knives』(原題)。元恋人同士のCIA職員が、6年前の事件の再捜査に乗り出すストーリ―を描くスパイスリラーで、『スター・トレック』シリーズや『ザ・ブリザード』のクリス・パイン、『ブロークバック・マウンテン』『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のミシェル・ウィリアムズらが出演する。

続いて、『クライング・ゲーム』のニール・ジョーダン監督作『The Widow』(原題)がラインナップ。『キック・アス』シリーズや『フィフス・ウェイブ』のクロエ・グレース・モレッツや『ピアニスト』『エル ELLE』のイザベル・ユペールが出演する本作は、亡くなった母親を忘れられない若い女性が、年の離れた未亡人と友情関係を結ぶが、やがてその関係が不吉なものへと変わっていくスリラー。

そして最後は、『スウィート・ノベンバー』のパット・オコナーが監督を務める『Benjamin’s Crossing』(原題)。20世紀ドイツを代表するユダヤ系の哲学者ヴァルター・ベンヤミンに扮し、第二次世界大戦中、ナチスに追われピレネー山脈を越えて逃亡した史実を描くヒューマンドラマ。『英国王のスピーチ』『キングスマン』のコリン・ファースらが出演する。

なお、それぞれの作品の日本での公開は、2018年から2019年を予定している。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top