“母親”役熱演した沢尻エリカがクランクアップ! 「この役に挑戦できてよかった」

最新ニュース

「母になる」
  • 「母になる」
  • 「母になる」
  • 「母になる」
  • 「母になる」
  • 「母になる」
とある誘拐事件に関わった3人の女性が、それぞれ「母になること」の喜びと痛みを知り成長していく姿を描く、沢尻エリカ主演ドラマ「母になる」が、先日ついにクランクアップを迎えた。

現在、日本テレビ系で放送されている水曜ドラマ「母になる」。沢尻さん演じる生みの母・柏崎結衣と、小池栄子演じる育ての母・門倉麻子の対立や、そんな2人の思いを飛び越えるような息子・広(道枝駿佑/関西ジャニーズJr.)の恋や成長など、毎週予想を超える展開で大きな話題を呼んでいる本作。

クランクアップの前に撮影されたのは、レコード会社でのシーン。板谷由夏演じる西原莉沙子がヘアメイクを担当するバンド「ツーオク」が所属するレコード会社に、結衣と広、莉沙子と繭(藤澤遥)の2組の母子が集まる。母・莉沙子を思う娘・繭の気持ちが溢れ出す感動のシーンが撮影された。

ここで一足先に板谷さんと藤澤さんがクランクアップ。板谷さんには沢尻さんから、藤澤さんには道枝さんからそれぞれ花束が手渡され、“娘”とのクランクアップに板谷は「娘が“女優”になることができました」と絶賛し、「またいつか違う現場で皆さんにお会いできるのを楽しみにしています」と笑顔を見せた。

一方、沢尻さんと道枝さんの最後の撮影シーンは、親子が仲睦まじくレコード会社を後にするシーン。肩やおしりでつつき合いながら歩き、ニコニコ笑いあう姿はまさに“親子”そのもの。沢尻さんには中島悟監督から、道枝さんには櫨山プロデューサーからそれぞれ花束が渡され、沢尻と道枝は固く握手を交わすと、スタッフから大きな拍手が送られた。

2月にクランクインしてから約4か月の撮影を終えた沢尻さんは、「長かったようであっという間でした。とても楽しかったです。現場のスタッフの方々、キャストの皆様に支えられ、乗り切ることができました。この役に挑戦できてよかったと思っています。この作品を通して、ひとつ成長できたかなと思います。またどこかで皆さんと会える日を楽しみに頑張っていきます。本当にありがとうございました」と挨拶。本作がドラマ初挑戦となった道枝さんは、「こんなに沢山の方々に囲まれてのお芝居はとても良い経験になりました。最後までやりきることができました。本当にありがとうございました」と感謝を述べていた。

そしていよいよ6月14日(水)、最終回を迎える本作。麻子が東京を去ったことで、結衣はもう気持ちを切り替えると陽一(藤木直人)に宣言。そかし、やはり麻子への気持ちに決着をつけられずにいた結衣は、マラソン大会のお知らせを麻子に送ってしまう。しかし、広は桃に大学生の彼氏がいることを知り意気消沈、マラソン大会には誰も見に来ないで欲しいと言いだし、再び家族会議が開かれることに。迎えたマラソン大会当日、広はだれからの応援もなくスタートするのだが、結衣は家にいても落ち着かずにいた。そんな中、麻子はお知らせの紙を手にゴール地点に現われ…というストーリー。一体どのような結末を迎えるのか、最後まで見逃せない。

「母になる」最終回は、6月14日(水)22時~日本テレビにて放送。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top