【インタビュー】鈴木亮平 “空想好き”宮沢賢治に共感「食べものへの感謝がすごい人」

最新ニュース

鈴木亮平/「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 鈴木亮平/「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 鈴木亮平/「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 鈴木亮平/「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
  • 「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」
あるときは“銭形警部”、またあるときは“変態仮面”、そして来年には、NHK大河ドラマで幕末~維新の志士・西郷隆盛を演じる鈴木亮平。これまで、さまざまな役柄に果敢に挑み、ときにはかなりハードな肉体改造も行ってきた鈴木さんが、6月17日(土)22時よりスタートするWOWOW「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」では、なんと“ヤング宮沢賢治”を演じる。

多くの人がそれぞれ抱いている国民的作家の“宮沢賢治像”。だが、本作を見るかぎり、鈴木さんが体現する賢治は、「雨ニモマケズ」と遺したような従来のイメージをいい意味で裏切っているように思える。

「僕の中にも宮沢賢治像が確かにあって、清貧で聖人のようなイメージがあったんですよね。それは、残っている有名な写真のせいもあると思うんですが、話を聞いたら、あの写真はベートーヴェンに憧れマネをして『ベートーヴェンっぽく撮ってくれ』と言って撮影したものらしく、面白い人だなって」と鈴木さん。「一番びっくりしたのは衣装合わせです。史実に基づいて作ってはいるんですが、洋風の、貴族が猟に出るかのような格好で…。僕の中にあった賢治像がまたひとつ崩れ、一瞬混乱しました(笑)」と笑顔で明かす。

「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」「痩せっぽちの“耐える”人かと思いきや、実はお金持ちの長男で、生活に困ってもいないし、写真をよく見ると、ぽっちゃりしてる(笑)。病弱ではあったんだろうけど…、意外と抱いてきたイメージと違う。それならば僕なりの、今回の作品なりのものを作っていってもいいのかなと」と語り、実際には「こんな感じの人だったんじゃないかな? って思ってもらえるような賢治像を作れたらと思って役に臨んでいます」と言う。

本作の賢治は、東京に家出をしていたが、妹・トシ(石橋杏奈)の病気の電報を受け、岩手・花巻に帰郷、母・イチ(神野三鈴)や弟妹たちには歓迎されるも、厳格な父・政次郎(平田満)とは折り合いがつかない。土産代わりにコロッケを家族に振る舞い、喜ばれたことをきっかけに、“幸せを分かち合うこと”こそが自らの理想とする生き方だと気づき、農学校教師として働き始める。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top