アデル、大火災のあったグレンフェル・タワーに来訪

最新ニュース

アデル (C) Instagram
  • アデル (C) Instagram
  • アデル-(C)Getty Images
  • アデル-(C)Getty Images
  • アデル-(C)Getty Images
アデルが14日(現地時間)に多数の被害者を出す大火災が発生したロンドンの公営高層住宅グレンフェル・タワーを訪れた

出火からわずか15分で24階建てのそのビル全体が炎に包まれたこの火災では、現在で少なくとも17人の死者と多数の負傷者が出ており、その被害者たちの追悼の場にアデルの姿も目撃された。

あるファンの1人は15日(現地時間)、アデルがみんなを抱きしめ慰めていたとツイートしている。

AddleUnionというユーザー名のツイッターには「アデルがいまグレンフェル・タワーにいて、住民に何か手助けがいるか聞いています」「アデルが周囲を回ってみんなを抱きしめ慰めています」と、ユーザー名FourMeeのツイッターにはタワー前にいるアデルの画像が載せられ「アデルがアバヤを着てグレンフェル・タワーにいます。リスペクト」と記され、同ユーザーのインスタグラムではアデルの夫サイモン・コネッキーも現場を一緒に訪れていたことを伝えている。

アデルがこのような配慮をしたことは今回が初めてではなく、今年3月にロンドンで発生したウエストミンスター橋でのテロ襲撃事件においてもこのようなコメントをしていた。「今日、私の地元ロンドンでテロ攻撃がありました。現在私はロンドンから真逆の場所にいますが、犠牲者に我々の光と祈りが届いて欲しいと思います」「家にいないのがとても変な感じです。今日は友だちと家族と過ごしたい思いです。私の知っている人は皆無事です。でも無事でない人たちもいるのです。ですから今夜はその被害者のみなさんのために祈りましょう」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top