R・ウィザースプーン、自身のブランドで“アメリカ南部のスタイル”を提供

最新ニュース

リース・ウィザースプーンは自身のファッションブランド、「Draper James(ドレーパー・ジェームズ)」を立ち上げているが、それというのもファッション業界が(リースの故郷でもある)アメリカ南部のスタイルを提供していないからだったようだ。

2015年の創設以来、人気を博している同ブランドだが、リースは「NET-A-PORTER.COM」の「THE EDIT」誌に「なんでニューヨークやロサンゼルスだけが、みんなが住むべき街と見なされているのか私には分からないわ。世の中にはほかにもセンスのいい場所がたくさんあるっていうのに」と話した。

以前にもリースは、ファッションは「真剣に捉える」ものではなく、また衣服はそれを着ている人を居心地悪くさせるのではなく、帰属意識を持たせなくてはいけないと主張していた。 「私にとってファッションは真剣に捉えるものではないわ。ネガティブになるべきではないのよ。ショッピングでお店に入ったとき、店員はお客を見下すような態度をとるべきじゃないわ。世の中には、みんなが本当は所属していないんじゃないかって思っている場所がたくさんあるのよ。逆に私はみんながもっと帰属意識を持ってほしいって思ってるの」。

(C) BANG Media International
《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top