高橋一生、3度目の“池井戸潤作品”参加に「ご縁感じる」『空飛ぶタイヤ』

映画

高橋一生 『空飛ぶタイヤ』 (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • 高橋一生 『空飛ぶタイヤ』 (C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • ディーン・フジオカ/『空飛ぶタイヤ』(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • 「空飛ぶタイヤ」原作書影(講談社文庫)(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
  • 「空飛ぶタイヤ」原作書影(実業之日本社)(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会
3月の映画化発表以来、原作本は累計140万部を突破し、各所で「絶対に観たい!」と話題になっている「TOKIO」長瀬智也主演『空飛ぶタイヤ』。この度、本作の新たなキャストとして、「鉄の骨」「民王」に続き今回が3度目の池井戸潤原作作品への出演となる、俳優・高橋一生の出演が決定。また、高橋さんのスペシャルインタビュー映像も到着した。

よく晴れた日の午後。1台のトラックが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。事故を起こした運送会社の社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、警察で信じられないことを聞く。走行中のトラックから突然タイヤが外れたと。整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼はトラックの構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。ホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)は、赤松の要求を疎ましく思いながらも真実を突き止めるため、また同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社である ホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査をそれぞれ開始していく。突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し”。過去にも行われていたそれは、二度とあってはならないことだった。果たして、男たちは大企業にどう立ち向かうのか。正義とは何か、守るべきものはなにか。日本で一番熱くかっこいい男たちによる大逆転劇が始まる――。

「下町ロケット」「半沢直樹」「花咲舞が黙ってない」「民王」など、世相や現代社会の歪みを反映させた数多くの作品がドラマ化されてきた池井戸作品だが、今回は累計140万部突破の大ベストセラー「空飛ぶタイヤ」が満を持しての初映画化。巨大企業と戦う運送会社の社長・赤松徳郎役を主演の長瀬さんが演じるほか、先日、赤松と対峙するホープ自動車の沢田課長役をディーン・フジオカが演じることが発表された。

そして今回参加が発表されたのは、「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」「カルテット」『3月のライオン』などに出演し、10月から放送の連続テレビ小説「わろてんか」にも参加が決定している高橋さん。彼が演じるのは、大手ホープ銀行の本店営業本部で、グループ会社であるホープ自動車の担当をしている井崎一亮役。ホープ自動車の経営計画に疑問を感じ、自らも調査を開始。グループ会社内のいざこざに巻き込まれるも、冷静沈着に本質を見失わず、心に熱い正義を持っている男という役どころ。赤松や沢田と直接対決することはないが、物語の大きな軸の一つとなっている存在だ。

本作で3度目の池井戸作品への参加となる高橋さんは、「勝手にご縁を感じてしまっています。池井戸さんの描く社会的な要素や人間の本質だったりするものが、社会を通して浮き彫りになっていく作品が多いので、出演させていただくことは役者冥利につきます」とコメント。

役柄については「秘めたる熱量がとても強い男だと思います。外向きはそこまで見えないですが、本質は熱い信念を持っているので、そのあたりをしっかりと演じ切れたんじゃないかなぁ…という過大評価はできないですが(笑)。でも監督がOKと言ってくださったのでそれを信じます! 」と話し、「社会派というと定義づけられてしまうかもしれませんが、色々な人間が描かれていて、余すことなくそれぞれの人の魅力が描かれています。しっかりとした人間ドラマになっていますので、ぜひ来年の公開を楽しみにしてくださったら嬉しいです 」とメッセージを寄せた。



『空飛ぶタイヤ』 は2018年、全国にて公開予定。
《cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top